PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2011.04.28

3年生実習

【実習風景】プロダクトデザイン学科3年生実習 課題1-4週目 生活・ユニバーサルデザインコース

こんにちは。
PD-Zine発行者のぴでじんです。

今日は3年生の実習、3週目の様子をお届けいたします。

3年生の実習は専門に分かれ内容が濃いので、3回に分けてお届けいたしますね。
まずは生活・ユニバーサルデザインコースの実習からです。

(1)生活・ユニバーサルデザインコース
プロダクトデザイン学科のコンピュータ室に入った瞬間、目に飛び込んで来たのが・・・
この「蚊」のイラストでした。この蚊は一体、何なんでしょう!?

プロジェクターで映し出された「蚊」

生活・ユニバーサルデザインコースでは、Flashを使ったアニメーションを製作中です。この蚊も、アニメーションに登場するキャラクターの描き方の練習だったのですね。

線と面に分けて、色をつけていきます

Flashでアニメーションを多様したゲームを製作していきます。こちらはゲームのストーリーを絵コンテにしたものです。

作品(1)「巨大蚊の気持ち」
蚊が人の体に止まっているのを、手で「パチン」と叩くゲームです。途中、血を吸うチャンスがあったり、タバコの煙などの障害物があったりと、蚊の気持ちが伝わってきそうです。
作品(1)蚊を叩くゲーム
作品(2)「仕分け人 ベルコン」
というベルトコンベアーでモノが流れてきて、それをリサイクルできるもの、できないものを指でスクラッチして操作し、仕分けしていくというゲームです。リサイクルできないものはゴミ箱へスライドさせます。もし、トラックへ運んでしまうと減点になり、3回ミスするとゲームオーバーになってしまいます。
作品(2)リサイクルできるか仕分けするゲーム

作品(3)「OKITE」

丸いのが顔で、その中に寝てしまっている顔があります。寝ている顔を「トントントン」と突いて起こすというゲームです。起きているのに突いてしまうと、怒ってしまうので要注意です。ゲームオーバーになると、写真右下のように「OYASUMI」と寝てしまいます。
作品(3)突いて起こすゲーム

実際にプレイしてみるのが楽しみですね!

ぴでじんより。