PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2011.05.31

3年生実習

【授業風景】プロダクトデザイン学科3年生実習 暗闇体験とユニバーサルデザイン その2

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

暗闇体験で感じたことから問題点を発見し、その課題解決のための提案を考えています。

作品(1)
簡単なおもちゃを理解して遊び始める、3歳くらいの子どものためのおもちゃです。
子どもが好むアヒルのフォルムをしたこの作品は、丸い状態のものを触っているうちに形が変化していくことを気づかせます。
遊んでいるといろんな音がするというしかけも楽しいですね。

作品(2)
今回の大震災による大規模停電で、自分の車がどこにあるかわからないという問題が多く発生したそうです。
その課題に対して考えられたこの作品は、タイヤのホイール型のネックレスであり、スマートキーであるという二面性を持っています。
作品(3)
こちらは目の不自由な人が、水やお茶などをどこまで注げばいいのかがわかるコップです。
コップにこの仕掛けを引っかけると、注がれた液体によってボールが浮遊し、指にあたることで、ちょうどいいくらいの分量の液体を注ぐことができます。
コーヒーなど熱い飲み物であっても、直接指に触れるわけではないので安心ですね。
作品(4)
暗闇体験のときに、テーブルの上のコップや缶ジュースを倒してしまいそうと感じたことから生まれた作品です。
缶ジュースをこの作品にセットすることで、倒れにくくなります。
窪みにはシリコンを取り付ける予定で、また底面が重くなる工夫がされています。
作品(2)
こちらも飲み物が倒れる心配を解消する作品です。
暗闇での体験が生かされていますね。

視覚以外の感覚に訴えるデザインを考えていますが、視覚的にも訴求力のあるものになってきていますね。
完成品が楽しみです!

ぴでじんより。