PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2011.06.07

3年生実習

【授業風景】プロダクトデザイン学科3年生実習 課題1-7週目 暗闇体験とユニバーサルデザイン講評会

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

3年生の第一課題の作品講評会のダイジェストをお届けしています。
生活・ユニバーサルデザインの2つ目のグループの課題は、「暗闇体験とユニバーサルデザイン」です。

暗闇体験とユニバーサルデザイン
作品(1)COMMUNE
おもちゃで遊び始める子どもを対象とした玩具です。
子どもの成長は早いので、1つのおもちゃで遊ぶ期間は長くはありません。
でもこの作品には仕掛けが散りばめられているので、遊び方を考えながら遊ぶことができます。
長い間、子どもにとってお気に入りのおもちゃになりそうです。

一見、卵型をしたボールのようなものかと思うのですが・・・

仕掛けに気づくと、アヒルのカタチにすることができます。

これを転がしたり振ったりすると、動きに合わせた音が鳴ります。
転がす → カラン、カラン
振る  → ガタン、ゴトーン
進める → ガーガー
ほる  → にゃ〜〜〜
地面を放す → ビヨ〜ン
空振り → バサバサ

作品(2)hazumo
目が見えない人だけでなくデスクワークのときなど、飲み物を倒しそうになることってありますよね。
そんな問題を解決してくれるのがこの作品です。

倒したくない飲み物も、

転がりそうなペンも、
しっかりホールドしてくれます。
中のシリコンでキャッチし、底に入れている重りで倒れることがありません。
また底面には滑り止めもついています。
作品(3)STOP pon(ストッポン)
目の見えない人はどうやってコップに水を注ぐのか、考えたことってありますか?
・指の第二間接までコップに入れ、確かめながら注ぐ
・音や重さなど、日頃の経験から得た感覚で注ぐ
・あらかじめ大きめのコップを用意し、余裕を持って少なめに注ぐ
上の方法ですと、いろいろな問題がありますね。
熱い物の場合はヤケドの危険があります。
この作品は、ストッポンをコップの内側に引っかけ、指をかざしながら水を注ぎます。
ストッポンが指に触れたらストップします。

すると、ヤケドすることなくちょうどいい分量で水を注ぐことができます。

「これがあれば便利」と感じる人が必ずいますね。

一部ではありますが、暗闇体験とユニバーサルデザインの作品をご紹介しました。
お疲れさまでした^^

ぴでじんより。