PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2011.07.02

4年生卒業研究

【卒業研究】ある日の佐野ゼミにお邪魔しました

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科には現在、9つのゼミがあります。
教員1名にゼミ生は10人以下の少人数制です。
毎週顔を合わせますので、どのゼミもアットホームな雰囲気が漂っています。

今日は佐野ゼミにお邪魔したときの様子をお届けいたします。
中央の彼女はタイからの留学生です。
留学生だということに気づかないくらい、日本語が本当に上手で驚きました。

タイには古くからラーイタイ(ライタイ)と呼ばれる模様のパターンがあります。
壁画、建築、テキスタイル、家具、陶芸品などの多くが、ラーイタイで装飾されています。
古代のラーイタイには4つのパターンがあり、それぞれカノク、カビー、ナーリ、カシャと呼ばれています。
彼女は母国タイに古くから伝わるこのラーイタイを用いて、卒業研究を進めています。

これまでラーイタイが使われてきていないもの、例えばビニール傘にラーイタイがプリントされていたらおもしろいね!
といった具合に、ゼミの仲間でアイデアが出されていました。
中間審査まであと数週間です。
4年生のみなさん、発表の準備は順調でしょうか。
7月18日(祝・月)の中間審査はKDU LIVEの日ですので、学外のみなさんも中間審査をご覧になることができます。
その詳細につきましては、後日お知らせいたしますね。

ぴでじんより。