PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2011.07.11

3年生実習

【実習風景】プロダクトデザイン学科3年生実習 課題2-5週目 IDコース

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科3年生 前期後半実習、IDコースの5週目の様子をお届けいたします。

雑貨・インダストリアルデザインコース
(1)錫を使ったキッチンウェアーのデザインと制作

錫の制作は、だんだんと形が見えてきましたよ。

こちらは香水瓶です。半球だったものが接合されました。

こちらは右から、
・型
・型から成形したもの
・型から成形したものを切断したビールジョッキ
・型から成形したものを切断したグイ呑み
です。切断することで2種類の統一感のある形を生み出していきます。

こちらはコップです。
離れているところを接合したあと、ひねりを加えていきます。
どんなふうに成形されるか楽しみですね。

(3)カーデザイン
スケッチを見ながら、少しずつ粘土を削って理想的な形に近づけて行く作業が続けられています。
削りすぎてしまった場合は再び粘土を盛って、固まるとさらに削っていきます。
がんばった証であるかのように、作業台の上には削った粘土が山盛りになっていましたよ。

(4)「備える」のデザイン
発砲によるラフモデルを10案つくってくるという宿題が出されており、造形の検討会が行われました。

こちらはピルケースです。
折り畳むことで持ち運びサイズは小さく、中の錠剤がこぼれ出すこともありません。

こちらはエアブラシ式のファンデーションとチークです。
プロのメイクアップアーティストはエアブラシでメイクをすることもあるそうですが、なかなか日常生活のメイクには応用されませんでした。
エアブラシは装置が大きく、自分に自分でメイクするときの姿がなんだか美しくありませんよね。
そこに着眼点を見つけ、メイクするときの姿が自然で美しく、またコンパクトサイズにすることでメイクポーチにも収まります。

3年生になると専門性に特化したさまざまな実習を行っています。
みなさんはどの課題に調整してみたいですか??

ぴでじんより。