PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2011.07.17

1年生実習

【実習風景】プロダクトデザイン学科1年生実習 課題3−3週目

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。
プロダクトデザイン学科1年生 前期実習3つ目の課題、3週目の様子をお届けいたします。
(1)フィニッシュワークとパーステクニック
時には楽しくおしゃべりしながら、インキングの練習を行っています。
3週目になるとみなさん手慣れたものですね。
(2)立体構成;綿材による構造
かなり完成形が伺える構造物になってきました。
こちらは2色のセロファンをなびかせながら揚げる計画です。
青空にセロファンがひらひらする姿が目に浮かびますね。
(3)パッケージデザイン
先生にアイデアのOKをもらった学生は、中身のお菓子やパッケージの制作に取りかかっています。
こちらは「手を汚さずに食べることのできるポテトチップス」という課題を自ら見つけ、それを解決するために考えられた作品です。
ポテトチップスを食べるとどうしても手が汚れてしまいますよね。
この作品は、指とポテトチップスの接点を極力少なくすることで、その問題を解決へと導きました。
突起がたくさんあるので、面ではなく点で指の腹と接触します。
こちらの作品はアプリケーションのイラストが描かれている板チョコです。
スマートフォンの画面のようですね。
制作の参考にと、既存のチョコレート菓子やウェイクスイーツの本を集め研究しています。
チョコレートの型取りやイラスト部分の試作が繰り返されています。
こちらの作品は食べ進めるごとに
甘い → すっぱい → にがい → からい
と中身の味が変化するお菓子です、
あなたは甘い方から食べますか?
それとも最初にからい方から食べますか?
来週はいろいろ講評会です。
みなさん、この1週間で最後の仕上げをがんばってくださいね。
ぴでじんより。