PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2011.07.26

研究室便り

【研究室便り】「与布土地域統一ロゴ」デザイン制作が始まりました

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

大田先生の研究室では、兵庫県朝来市にある「与布土地区」の地域特産品のブランド力向上を図るため、「与布土統一ブランド」のロゴマークを制作することになりました。
活動開始に伴い先日、学生6名とともに与布土へ行って参りました。
与布土を知り、ロゴマーク制作のイメージを高めることが目的です。

「与布土」と書いて「ようど」と読むこの地域は、山々に囲まれ緑あふれるのどかな田園風景の広がる農業集落です。
ホタルやオオサンショウウオ、ヤマメなどの希少な生き物の住む、水のきれいな地域です。

与布土イラストマップ
与布土にはたくさんの特産品があります。
写真左から、水茄子、こんにゃく、野菜ジャム(かぼちゃ・にんじん・さつまいも・しょうが)、ラー油、唐辛子、黒豆カップケーキ、山椒煮、ねぎみそ煮、緑風味噌、コシヒカリなどなど。

中でもお米にはこだわりがあり、アイガモ農法で作られているんですよ。
田んぼの周りにはネットがしてあり、アイガモが自由に泳ぎ回れるようになっています。
アイガモは雑草や害虫をエサとし、排泄物は稲の養分となるので、減農薬もしくは無農薬農法で作られたお米です。

これら与布土の特産品を多くの人に知ってもらうためにも、ロゴマークは大切な役割となります。

今回、学生のみんなは与布土の特徴を体験し、夏休みにロゴマークの制作に入ります。
ロゴマークだけでなく、のぼりやハッピなどの特産品をアピールするグッズや、この活動の記録をウェブ上にアップして発信していくことも考えています。
さまざまな視点からブランド力向上のためにできるデザイン活動を行っていきます。
その様子もこちらのブログにも載せていきますので、みなさまお楽しみに。

ぴでじんより。