PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2011.08.31

蕎麦日記

【ぴでじんの蕎麦日記】蕎麦の種まきとプロダクトデザイン

1こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

今日から不定期更新で、『ぴでじんの蕎麦日記』をお届けいたします。
順調に育てば、秋ごろにはお蕎麦が収穫できるかも!?
ざる蕎麦に、蕎麦掻に、蕎麦クレープに・・・
今から夢は広がります!!

2011年8月9日(火) 快晴
太陽の下にいるだけでうだるような暑さの中、プロダクトデザイン学科の学生4名と、約一反の田んぼに蕎麦の種をまきました。

まずクワでうねに浅い溝を作り、蕎麦の種を10センチに2~3粒間隔で撒いていきました。
発芽率は70%ということですが、密集して発芽しすぎてしまった芽は間引かなければなりません。
ついついパラパラと多めにまきたくなってしまう気持ちを抑えて、少なめを心がけてまきました。

ここのところ雨が降っていないので、土は乾燥してサラサラ。
種をまいたところにクワを使って土をかぶせていきます。
実は土をかぶせすぎていたことに気付くことになったのは、もっとあとのお話。。。

蕎麦は強い植物なので、土の状態や水や肥料に気を遣い過ぎなくても成長します。
過保護にしないほうが蕎麦は強く育つそうです。
信州などの寒い地域で、蕎麦が特産品なのも納得ですね。

4日後には2センチの芽が出ると、本に書いてありました。
なんともたくましい植物です。
あとは蕎麦の生命力に期待して、種まきが終了しました。

日頃からコンピューターの作業が多い私たちは、種まきという体を動かす単純作業が楽しいと感じました。
クワの使い方一つ、種のまき方一つ取っても、本に書いてあってもやってみないとわかりません。
腰が疲れずに種をまく方法、手早く種をまく方法、それぞれのメンバーがオリジナルの最善の方法を考えながら作業しました。
みんな蕎麦作りの初心者なので、誰も教えてはくれません。
前進していく人、後進していく人、カニ歩きの人・・・
それぞれの種まきのスタイルができたことも発見でした。

理屈っぽくて、でも理屈が通じない。
そんなところがプロダクトデザインと似ている気がする。

なんて会話がありました。
何事も手を動かし、体を動かしてこそ、わかることってありますよね。
机上の空論ではダメなんです。

本当に暑い中、お疲れさまでした!!

ぴでじんより。

2011.08.30

オープンキャンパス

【オープンキャンパス】8月21日は雨のオープンキャンパス

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

8月21日は8月最後のオープンキャンパスでした。
生憎の雨の中、お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。
オープンキャンパスって雨の日が多いですね。。。
先生方の中に雨男がいるのでしょうかwww

体験実習はLEDライトとモビールをご用意していました。
みなさまお楽しみいただけましたか?

次回のオープンキャンパスは、9月25日(日)です。
今度こそ晴れますように!

ぴでじんより。