PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2011.10.05

3年生実習

【3年生実習】プロダクトデザイン学科3年生 後期実習2週目 UD:減災デザイン

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。


プロダクトデザイン学科3年生 後期実習2週目、生活・ユニバーサルデザインコースの様子をお届けいたします。

生活・ユニバーサルデザインコース
・減災デザイン

東日本大震災の悲劇は現在も進行中の大災害です。
奈良や和歌山では集中豪雨による水害が大きな被害を与えました。
火傷や転落などの家庭内での事故は高齢者と乳幼児に集中して発生していて、その被害者は交通事故死者を大きく上回っています。

日常暮らしている中でも、いつどのような災害や事故に遭うかわかりません。

自然災害そのものの発生を制御し未然に防ごうとする「防災」ではなく、たとえ災害が起こっても、それによる被害をできるだけ少なくする「減災」という考え方がクローズアップされてきています。

「減災デザイン」は、災害という非日常のための特別な備えとしてではなく、日常使用しているものが災害発生時に有効に機能することに重点をおいています。

この課題では、社会的ニーズを抽出し、課題解決のためのコンセプトメイキングとデザイン実践を学習していきます。


2週目はWho, When, Where, What, Why, Howを羅列したのち、方針を決定するためのグループディスカッションが行われました。
社会的ニーズを抽出したアイデアが生まれることを期待しています。





ぴでじんより。