PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2011.10.24

2年生実習

【2年生実習】プロダクトデザイン学科2年生 後期実習3週目 UD:環境に適応したデザイン発想とプロトタイプ制作

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科2年生 後期実習3週目、生活・ユニバーサルデザインコースについてお届けいたします。

生活・ユニバーサルデザインコース
環境に適応したデザイン発想とプロトタイプ制作

3週目のこの日はシーンスケッチの練習を行いました。
この実習におけるシーンスケッチとは、ユーザーとアイテムの関係とその周囲の環境を描いた絵のことで、昼間/夜間、屋外/屋内、ユーザーの年齢や性別、アイテムを持ち運ぶ/身につける、どのように操作するのかなどがわかるスケッチをさします。

デザインワークの中でシーンスケッチを描き、それを用いてプレゼンテーションを行うことは実地経験を得る上で重要なステップです。

今回は、以下の3種類のシーンスケッチにトライしました。
・椅子に座っている人
・つり革を持っている人
・携帯を操作している人

実習2週目のときにプロトタイプで斜面を滑り降りたときの経験から、形の改善アイデアスケッチとシーンスケッチを行いました。

(2週目)急斜面を滑り降りる実験

(3週目)改善案を盛り込んだシーンスケッチ

課題(2)としてこれからは以下の内容に取り組みます。

・30リットルの水を効率よく運ぶ

・発電と蓄電

来週までに各自調査を行うことになりました。
どのようなデザイン発想が生まれるか、お楽しみに!

ぴでじんより。