PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2011.11.23

3年生実習

【3年生実習】プロダクトデザイン学科3年生 後期実習8週目 UD講評会

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科3年生 後期実習8週目、生活・ユニバーサルデザインコースの講評会の様子をお届けいたします。

生活・ユニバーサルデザインコース
減災デザイン



いつ起こるかわからない災害に備えて、身近なところから防災への意識を高めていく。
そんな作品が多くみられました。



ゆらぎマッチ
煙草を吸わず、普段ライターやマッチを持たない人が、もしものときのために財布の中にしのばせるプロダクトです。

花びらを千切るように1枚を引っぱると、火がつきます。
使い方としては防寒、停電時の灯り、炊事などが考えられます。
他にもキャンドルやアロマテラピーのように、マッチならではの炎の揺らぎと香りを楽しむことができます。

ransel or life protect
日常:
小学生がランドセルに付ける、交通安全とランドセルを雨から守るランドセルカバーです。
非日常:
水難事故などに使うライフジャケットに変化します。
ライフジャケットを使うことにより、無駄な体力を使わないため、生存率が上がります。
緊急時:
地震発生時、津波警報が出るとカバーを装着し避難します。
水難事故発生時、ランドセルを逆さまに浮きにします。
落ち着いてからライフジャケットに空気を入れ、笛を吹いて助けを待ちます。

音を感じるスタイ/セイフティスタイ
通常時にも緊急時にも使える、赤ちゃんをあやすスタイ(よだれかけ)です。
スタイのポケットにセットした録音再生機器からは心音が流れ、赤ちゃんに安心感を与えます。
またお母さんの声など、赤ちゃんが落ち着く音を再生することができます。

マスタオル
普段使っているハンカチが、簡単に装着できるゴムでを取り付るとマスクに早変わりし、いざというときに役立ちます。
火災時に煙から命を守り、避難所では臭いから体を守ります。

Pockemasu
普段からポケットティッシュケースにPockemasuをしのばせておけば、ポケットティッシュをフィルターにして、緊急用消臭マスクになります。
交換可能な仕組みになっているので、ティッシュの枚数だけフィルターを変えられます。
消臭効果のある「焼きミョウバン」をティッシュの間に挟むと、嫌な臭いを軽減できます。




生活・ユニバーサルデザインコース
淡路瓦のデザイン

Mini Fountain(ミニ噴水)
三角形の組み合わせで構成されたミニ噴水です。
滝から水が落ちるように、三角形の3方面から水が流れ落ちます。
水に濡れ、色が変化した瓦を楽しむことができます。
Bookshelf(本棚)
木から生まれた本が、木の枝の形をしている本棚の中に宿るというコンセプトです。
風になびく木の枝をイメージし、60度ずつ傾いたシンプルなデザインで、小さな本も大きな本も保管が可能です。

鬼の口
淡路島の伝統である鬼瓦をモチーフにした、鬼の顔のキャンドル皿です。

ぴでじんより。