PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2011.11.27

1年生実習

【1年生実習】プロダクトデザイン学科1年生 後期実習課題2-4週目 調査分析・コンセプト立案

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科1年生 後期実習課題2-4週目の様子をお届けいたします。
後期2つ目の課題は、「調査分析・コンセプト立案」に取り組んでいます。


このの課題では、調査分析からコンセプト立案していくまでの流れを体験し、説得力ある提案を行うトレーニングとして実施しています。
前回までに、「自動車/洗濯機/椅子/車椅子」のいずれかで興味のあるデザイン分野を選びsoft ⇄ hard、warm ⇄ coolを軸としたクロスマップを制作しました。

クロスマップで混み合っている市場を狙うということは売れ筋商品が明確で、大きいマーケットがあることになります。
空白の部分を狙うということは、新規市場開拓になります。
マップの離れたところ同士を融合させるというのも、一つの手ですね。

調査結果をもとに、今後デザインを展開していく市場に対してのビジュアルイメージを制作しました。
これからデザインしていく製品の「イメージが似ている他の何か」、「キーワードが伝わる何か」を用い、1枚の用紙にまとめました。

この作業により、理想としている市場と製品にブレがないかの判断と、ターゲットの明確化ができます。
これらは製品が完成したとき、他者にプレゼンテーションを行う際にも、貴重な説得材料となります。

これらステップを踏むことで、デザイン提案の精度を高めることができます。

今回も実習の冒頭では、立体把握のトレーニングを行いました。
アルヴァ・アールト「stool 60」というスツールの形状を理解し、さまざまなパースで同じものを描きました。
このスツールは3本の足と、円の座面で構成されています。
座面を120度分割したところに足がある・・・理屈でわかっていてもなかなか難しいものです。

ぴでじんより。