PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2012.01.13

1年生実習

【1年生実習】プロダクトデザイン学科1年生 後期実習課題3-4週目 アナログクロック

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科1年生 後期実習課題2−4週目の様子をお届けいたします。

アナログクロック
ムーブメントユニットを用いた「動きのデザイン」
日常生活の中で動きの制御による道具の原点ともいえる、物理的なアナログクロックに注目し、このムーブメントユニットを利用して、造形的な視点から「動きのデザイン」を行っています。


こちらは「時と分と秒」の針が動くのではなく、円錐をブロック化し、それぞれのグラデーションが回転することでゆるりとした時を感じることができる。
そんな動きのデザインを検討中です。

科学の実験をしているような2人を見つけました。

 水に油を垂らすと、不思議な模様が浮かび上がりますね。
ユニットの針の動きで、油の模様が絶えず奇妙な模様を作り出せないかと実験中です。

こちらはシャーレに入った液体磁石の下から磁石を当てると、奇妙な塊が動きます。
この不思議な動きを取り入れようと、思案中です。

こちらはいち早く試作が出来上がりました。
針が回転する力により、閉じている上の針金部分が・・・
開きます! 

試作としては成功です。
これからより美しく見せる方法を考えていきます。

ぴでじんより。