PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2012.02.22

4年生卒業研究

【4年生卒展】卒業制作紹介2

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科の卒業制作をご紹介いたします。

『包花』
滋賀県高島氏朽木村活性化のためのパッケージデザイン
見明ゼミ 森澤由季さん
朽木村の村花であるヤマユリをイメージした地酒のパッケージです。
過疎化が進む滋賀県高島市朽木村。
処理が問題となっている枯れ葦(ヨシ)を使って、朽木村らしさを活かしたパッケージにより活性化したいと考えデザインしました。

 『re build Furniture』
ファストデザイン製品の再活用とオープンソースによる新しいモノづくりの提案
—subsequent design—
見明ゼミ 赤木亮介さん

安価で大量生産されるモノを、より長く愛着を持って使う方法としてIKEA製品を組み合わせて再構築した家具のシリーズ「re build Furniture」商品にユーザー自身が手を加えることで、その製品はより個性的で魅力あるモノへ生まれ変わります。

ハンドツールのみで簡単に制作でき、web上に無料で制作方法を公開しています。
http://bricolage.clanteam.com/

『SU-CUT』
「切る」機能について
相良ゼミ 三橋佳奈子さん
はさみやカッターナイフなど、紙を切るための道具が抱えていた問題の改善を目指し、ストレスなく紙を切るために、このデザインは誕生しました。
より感覚的に紙を切ることができ、はさみでも、カッターでもない、独自の切り心地を体験することができます。

ぴでじんより。