PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2012.03.03

学生の活動

【学生の活動】「Eat in the open air」花見を考える2

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

下の写真のカラフルな3つのモノが何だかわかりますか?
これはお弁当のおかずを仕切るバランなのですが、実は「食べられるバラン」なんです。
かぼちゃ・ピーマン・赤パプリカにお米を混ぜて、オーブンで熱を加えて乾燥させた試作品です。
ふんわりと野菜のいい香りがします。
よくお弁当やお寿司の詰め合わせに入っているギザギザで緑のバランですが、その昔は蘭の葉でつくられていたので葉蘭(バラン)と言うそうですよ。
現在はそのほとんどがフィルム製になってしまいました。

食品衛生状の問題や手間を考えると自然な流れではありますが、今回のプロジェクトでは和の伝統や自然の美しさを大切にしています。
そこで見た目も美しく、食べても安心、そして美味しいバランを考えています。

こちらはお重箱セットのモデルです。
屋外での食事の際に食材が映える器にすることはもちろんのこと、持ち運び易さや高級感なども考慮したさまざまなカタチが展開されています。

こちらは敷物の素材を検討中です。
まだまだ意外と寒い桜の季節に、湿っているかもしれない地面に敷くシートです。
折り畳みやすさも考慮した素材選びがされています。

他にも風呂敷や、器などのアイデアが展開中です。
乞うご期待!

ぴでじんより。