PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2012.03.29

展示会

【展示会】「みんなで対比について考えた展。」に行ってきました2

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。
昨日に引き続き、プロダクトデザイン学科1年生の有志メンバー11名による展示会「みんなで対比について考えた展。」のレポートをお届けいたします。

Pocket Schedule book [Wood]
「木」と「紙」の対比

紙に絵を描いたりメモをとるとき、それが木で作られていることを人は意識しません。
これは表紙が木で、中は紙で作られた手帳です。
同じ木からできているのに、香りも手触りもまったく違います。
四季の移り変わりによる木の変化が紙面に表現され、木と紙の対比を感じられる工夫がされています。
「紙は木から作られている」
そう考えて、もう一度紙に触れてみてください。
紙に対する味方が変わるかもしれません。

BOOK STOOL
「本」と「椅子」の対比

本を読むときは座りたいものです。
一層のこと、本の隣に椅子置いてみては?
本棚に並べられたBOOK STOOLを簡単に組み立てれば、
読みたいときだけ手軽に座れるスツールの完成です。

turn stool
「表」と「裏」の対比

モノには表と裏があります。
表は最も目に見える方の面であり、機能性のほとんどが表面にあります。
反対に裏は、目に見えない位置にあり機能性がほとんどありません。
これは表と裏の両方に機能性を持たせたスツールです。
表面は上に座ったり、抱え込むようにすわったり。
裏面は中にすっぽり入ってゆらゆら揺れたり。

 枠―自由を制約することにより広がる可能性
「制約」と「自由」の対比

壁はポスターを貼ったり時計を掛けたりとさまざまな使い方が可能ですが、自由度が高い故に使い方を選びにくいという問題点があります。
そこで壁にスリットを設けて、モノを差し込むことしかできないという制約を与え、使い方を限定しました。
制約から生まれる使いやすさの向上に目を向けた作品です。
11名のメンバーさん、お疲れさまです!
ぴでじんより。