PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2012.04.09

キャンパスライフ

【キャンパスライフ】新1年生オリエンテーションと自己紹介ムービーの撮影

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

入学式の翌日、4月6日(金)に新1年生のオリエンテーションが行われました。
新1年生とプロダクトデザイン学科の先生方が、全員集合して顔を合わせるのはこれが初めてです。
これからよろしくお願いしますね!



プロダクトデザイン学科の1年生は「基礎ゼミ」と呼ばれるグループ単位で、デザインに関するさまざまな体験をし、大学生活最初の1年間を過ごします。
今年の基礎ゼミは学生6〜7名+教員1名からなる少人数生のゼミですので、男女共に仲良くなれ、その後の学生生活でも大切な仲間ができます。
これから基礎ゼミ単位での活動が始まるのですが、オリエンテーションではファシリテーターの紹介が行われました。

ファシリテーターとは、1年生たちが目的に向かって円滑に物事が運ぶようにする進行役であり、目的を達成するために1年生たちに働きかけをする支援者です。
1年生に対し、一番身近な存在でサポートするファシリテーターを、基礎ゼミでは2年生の有志メンバーが勤めます。
2年生の先輩が常にサポートしてくれる環境は、1年生にとって心強く、また先輩後輩間でのコミュニケーションをとることができます。
基礎ゼミ以外でも、実習や授業の相談相手になってくれる存在がいることは、安心につながりますよね。


こちらがファシリテーターを努める2年生です。

スタジオに場所を移し、基礎ゼミごとに集まって自己紹介ボードをつくりました。
名前や出身地の他に、それぞれの自己PRをかきました。

自己紹介ボードを持って、中庭で1人15秒間のムービーを撮影しました。
長いようで短い15秒間。
4年間の意気込みや将来の夢をハイテンションで叫んだ人もいましたね。
このムービーも4年後の卒業式で上映しますよ!
ファシリテーターのおかげで、賑やかで楽しいムービーを撮影することができました。
2年生が1年生のファシリテーターとなって一緒に学んでいくシステムを取り入れて、早9年(?)。
この伝統は受け継がれ、始まった頃よりも縦のつながりが強く、そして仲良しな学科になったと感じます^^

ぴでじんより。