PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2012.05.09

2年生実習

【2年生実習】前期実習 課題説明

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科2年生の実習についてお届けいたします。
2年生前期の実習は3チームに分かれ、1課題5週間ごとに3課題をローテーションで行います。

2年生後期以降のの専門性に特化した実習・演習に備え、デザインワークに必要な調査からアイデア展開へと至る発想のプロセスと、デザインモデルの制作ノウハウの習得を成果目標に、アイデアワークの実践と、素材知識とその加工技術を体得するための制作体験に取り組みます。

デザインのプロセスとは「自分で考えて創る」ということです。
反対にデザインから最も離れた物作りは、例えば組み立て家具やプラモデルのように、加工済みの部品を完成図と手順書を見ながら組み立てることであり、そうしたデザインの基本要素について、自分でアイデアを考えて創るからこそ、新しいモノを生み出すことができます。
この実習で取り組むのは、デザインの基本要素、完成イメージや機能や使い方と、それを作るための手順について、自らのアイデアに基づいて試行錯誤することです。
その試行錯誤を通じて、デザインの大まかなプロセスと、後期以降も続く工房での制作作業に必要な、加工機械や工具の使い方と材料の加工知識を実地に習得することが目的です。




2年生前期実習課題

・ 木材と金属を用いた、バターナイフのデザイン制作
・ プラスチックを成形する、キッチンウェアのデザイン制作
・ 調査とグループワークをベースとした、家具のデザイン制作




昨年度の作品を一部ご紹介いたします。

バターナイフ

真空成形

家具

ぴでじんより。