PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2012.06.18

3年生実習

【3年生実習】ID:「あける・しめる」のデザイン講評会

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科3年生の実習についてお届けいたします。

「あける・しめる」のデザイン

「あける・しめる」は、日常生活の中で頻繁に生じる行為です。
ドアを「あけたり・しめたり」、鞄やノートPCの蓋を「あけたり・しめたり」、ビンや缶を「あけたり・しめたり」、ワインのコルクや缶ビールのプルトップや牛乳パックなど、日常のさまざまなモノの「あけたり・しめたり」は、押したり・引いたり・回したり、いろいろな動作で行われます。
閉じられたモノを開けて、その中身を見るのは、期待と不安を伴うワクワクする行為でもあります。
「あける・しめる」を生活の中で楽しめる機能的なモノとして、思わず「あけたり・しめたり」したくなるようなデザインを考えました。

teng

片麻痺や事故などで、片手で生活せざるを得ない人のための道具です。
ヨーグルトやゼリーなど、シール蓋と呼ばれるモノを開封することができます。
ゴム製のストッパーで力を入れなくても蓋の端を掴むことができ、磁石が内側についているので一度挟めばその状態をキープすることができます。

シール蓋の端を掴みます。

くるくると巻き取っていくと、力を入れずに開封することができます。

 Vege kaku

テープ留めされた野菜の袋を、みなさんはどのように開けているでしょうか。
ハサミや包丁を使う人もいるかもしれません。
ベジカクは片手のみが自由に使える人も使える、片手で野菜の袋を開け、袋を閉じておけるオープナー付きクリップです。

開けるときは、テープのすき間にベジカクの金属部を引っかけてテープを切ります。
閉じるときは、ハンドル部の蓋を持ち上げて袋を挟んで密封します。

kakurenbo

勉強のやる気を出すきっかけをつくり、楽しくなるお手伝いをする文房具です。
新しいノートを買ったとき、誰しも真っ白な紙に何か描きたいと思うものです。

・sticker
ひらく×かくす=まとまる
書き忘れやスペースが足らなくなったときに、ノートに貼って使うメモです。

・pencase
ひっくり返す×挿し込む=おもしろさ
真っ白でもふもふしているモノをひっくり返すと、かくれんぼひつじが出てきます。
ペンケースとしてもペン立てとしても使えます。

DONQ

ドーナツを買って、食べるまで箱の中なんてもったいない。
どうせならうきうき気分で持ち帰り、飾って、眺めたい。
ドーナツへの幸福感は食べ終わるまで続きます。

「あける・しめる」に取り組んだみなさんお疲れさまです!

ぴでじんより。