PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2012.07.21

講義

【講義】プロダクトデザイン概論 情報デザイン

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

デザインという創造的な学習には、これまでの知識の習得とはまったく異なった学び方が必要です。
「プロダクトデザイン概論」という講義ではこの認識を持つことから始め、プロダクトデザインとは何か、その成り立ちや対象となるデザイン領域の事例を、学科の各教員の自己紹介を兼ねて、専門領域ごとに毎回の講義が進められます。





情報デザインとは何か



曽和先生による情報デザインの講義冒頭では、マシュマロチャレンジが行われました。
スパゲッティの乾麺20本、マスキングテープ90センチ、紐90センチ、マシュマロ1つを使いより高い塔を建てるチームビルディングの演習です。


マシュマロチャレンジのルールは・・・
・与えられたモノだけを使って制限時間18分間以内に塔を建てること
・塔の一番上にマシュマロを乗せること
・手を離しても塔が倒れないこと
です。


他のチームよりも1センチでも高い塔を目指して、チャレンジがスタートしました!



わーきゃーわーきゃー言いながら、とにかく手を動かします!

「制限時間終了です。手を離してください。」
・・・
倒れちゃいました。

1回目の優勝はこちらです。
安定感もばっちり!

次は1回目のチャレンジを踏まえて作戦を立て、さらにチームで役割を決めて再チャレンジです!

テープを切る人、柱となる部分を作る人、倒れないように支える人・・・
1回目のチャレンジよりも役割分担がはっきりできて、作業効率アップです。

このチームは相談し合って作戦を立てながら着実に・・・

手を離しても自立するように、マスキングテープで机と固定します。

マシュマロの重さでパスタがしなってます!
てっぺんに乗せて初めてわかる、マシュマロの重さ。。。

少しでも高く。けれど欲張っては倒れてしまう。
その塩梅がこのチャレンジの面白いところです。

2回目のチャレンジの成果を計測中・・・

手を離すと倒れて机の下まで垂れ下がってしまい、マイナスの大記録が出ましたwww

優勝はこのチームです!
83センチの記録がでましたよ!
4点の足にハシゴのように補強を加えたことが成功の鍵でした。




机上だけで考えても機能しないということ。
デザインプロセスにおいて、プロトタイプを作って修正し、作って修正しのループを繰り返すことの重要性。
より高い塔を建てるプロセスは、機能するチームをつくることに似ていること。


このチャレンジにより、チームビルディングでの課題や気づきを得ることができました。

それらをデザインワークに活かすことができれば、大きな変化を起こし得ることでしょう。


いきなり始めた1回目のチャレンジより、作戦を立てて役割を決めた2回目のチャンレジの方が記録が伸びたこと。
優勝チームは相談し合いながら手を動かしたことで、コミュニケーションが高さを生みました。
ぴでじんより。