PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2012.08.23

学生の活動

【学生の活動】「おもしろロボットづくり」が開催されました

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

2012年8月14日(火)、神戸ハーバーランドにある「こべっこランド」にて、「親子で作ろう! おもしろロボットづくり」が開催されました。
プロダクトデザイン学科の1〜4年生の学生17名が、制作・撮影スタッフとして参加しました。

材料の買い出しや、モーターやLEDのハンダ付け、ロボットインセクトの組み立てなど、何日も前から準備が進められました。
初めてのハンダ付けも、準備のおかげで見事習得!

こちらの6本足のインセクトに、クリケットという制御コンピューターを乗せて、いろんな動きのできるおもしろロボットを制作する、というのが今回のワークショップの内容です。

インセクトの背中に乗っているのがクリケットです。
クリケットとは、アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボが開発した、モーターやセンサー、LED、音源などをプログラミング制御できる小さなコンピューターです。
PCで作成したプログラミングを赤外線通信でクリケットへダウンロードするだけで、プログラミング初心者でも、簡単に動きを制御できます。

こちらがロボットの躯体を制作するための材料です。
風船、モール、スパンコール、ワイヤー、ビーズ、紙ねんど、毛糸、洗濯バサミ、たわし、紙コップ、割り箸、ストロー・・・などなど。
子どもたちの豊かな想像力で、これらの材料が思いもつかなかった使い道で、おもしろロボットへと変身することを期待して、一見工作材料としては意外な物も用意しました。

ワークショップがスタートしました。
どんなロボットをつくるか想像を膨らませながら材料を選ぶ子どもたち。

設計図を描かなくても、大人のアドバイスがなくても、どんどん手を動かして、思い描いた形を組み上げていきます。
子どもたちの工作能力の高さに、学生スタッフも刺激されます。
大学の実習ではお馴染みのスチレンボードですが、カッターで真っすぐ切るにはコツが必要です。
お父さんに手取り足取り教えてもらいながら、上手に切ることができました。
お父さんの指導のうまいことうまいこと^^
将来有望なデザイナーになるかも!?

子どもたちは初めてグルーガンを使いました。
ピストルの形をした先から、とろ〜りあったかい接着剤が出てくるなんて、なんだか不思議で、とってもかっこよくて、男の子ははまってました!

子どもたちだけでは難しいところを、学生スタッフがサポートします。

LEDを目にして光らせたい!
右に動いたり、左に動いたりさせたい!
音楽を鳴らせてから、右に回転させたい!
ぶるぶる振動させながら、前に進ませたい!

子どもたちからのさまざまな動きの要望を、プログラミングスタッフが叶えます。

この風船、実はハート型に膨らむように開発されたはずが、うまく空気が行き渡らず失敗作になったものらしいです。
そんな風船も子どもたちの手にかかれば、かわいい動物に生まれ変わりました!

早々と完成させた子どもたちは、ロボットを動かして遊び出しました。
両手に持ったスイッチを交互に押すことで、右に左に動き回るロボットの完成です!

この日、仲良くなったお友達と、ロボット対戦!

洗濯バサミを連続して並べたものに紙ねんどを盛って、こんな造形美抜群のロボットができました。
洗濯バサミってそうやって使うのね!
学生スタッフ一同、感心!

紙コップに色を塗って重ね合わせると、悪そうで強そうなロボットの完成!
眼の上、まぶたの部分に、紙ねんどが盛ってあるのがわかりますか?
それがあるのとないのとで、表情が大きく変わってきます。
一気に敵キャラに^^

制作のサポートを目的に参加してくれた学生スタッフですが、子どもたちから学ぶことがたくさんあったワークショップになったのではないでしょうか。
いつまでも子ども心を忘れずに、物づくりに邁進していきましょう!

参加してくれた子どもたちのロボットはこちらです。
みんな、すごいでしょ!!

ぴでじんより。