PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2012.09.03

3年生実習

【3年生実習】ID:防災用品講評会

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科3年生、雑貨・インダストリアルデザインコースの講評会についてお届けいたします。

防災用品


災害は突然やってきます。
この課題では地震、竜巻、津波、火事、洪水など、身の回りに起こり得る災害に備えるための用品をデザインしました。



pure drop—身近なものを使う浄水器—

例えば大きな地震が起こったとき、上水道は遮断し、飲み水の確保が難しくなるという点に着目しました。
断水が解除されたあとも、水道からは泥も混じった水や濁った水しか出てこない状況が続く場合があります。
災害時において、飲料水を確保することはとても大きな課題になります。

この作品では2本のペットボトルと浄水パーツを使って、飲料水を作り出すことを提案します。


kusyon

この作品は、普段はクッションとして身近に置いておき、災害時に防災道具として津波の被害から身を守ることができるものです。
防災道具は置き場所に困るなど、購入するのに戸惑うことがありますが、このクッションは普段は部屋や車の中に気軽に置いておくことができます。
災害時に避難するときに、パッととってサッと逃げることで、津波がきても首に装着したクッションで体が浮くため、生存率を上げることができます。

ほっTOILE

「プライバシーを守る、安心な簡易トイレ」をコンセプトに、組み立てが簡単で収納が楽々なトイレを考えました。
トイレットペーパーを取り付けることができ、パーテーションで広さの調節ができ、ビニール袋に排泄した後は凝固剤を入れることで捨てやすくなるなど、さまざまな点で配慮がされています。

OFFN—落として灯るブレーカー—

マンションなどの集合住宅では二次災害を防ぐため、すべての家がブレーカーが落ちているか確認できるまで、電気を落とすことができません。
OFFNは、ブレーカー+ハンドライトです。
避難時にOFFNを持って逃げることにより、ブレーカーが落ちていることが確認でき、ライフライン復旧が早まります。

GEORGE—緊急連絡先ネームプレート—

子どものための、緊急連絡先がわかるアクセサリーです。
幼稚園や小学校以外では名札をつけてはいけないという時代背景、子どもは身分を証明するものを持っていないという現状に着目しました。
ストラップやリストバンドなど、自分好みを選べます。
災害時の身元確認だけでなく、迷子になったときにも心強いです。

最後の講評でいただいた、先生方からの有り難きお言葉がこちらです。
他のコースの人や、学年の人にも、もちろんあてはまる言葉です。
スケッチブック、もしくは頭の片隅に、メモメモですよ!

・人生「つめ」です
 最後の「つめ」をしっかりやってほしい

・工業製品として成立しているものをたくさん見たほうが良い
 図書館や店頭でもよく見てごらん

・夏休み期間に、コンペに応募したり、インターンシップに行ったりして、
 展開力や構想力を磨いて欲しい

防災用品に取り組んだみなさん、お疲れさまでした!

ぴでじんより。