PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2012.09.05

インテリアデザイン特集, 3年生実習

【3年生実習】UD:照明と科学講評会

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科3年生、生活・ユニバーサルデザインコースの実習についてお届けいたします。




照明と科学

 
照明のデザインには、スケッチやモデルにより検討できる造形面と、照度・色温度・輝度など、物理量の計画を行い空間を検討する工学的な側面があります。

これらの両面を体験しながら、創造的な照明デザインのアプローチを行い、今回の課題では、造形性に重点を置きながら、スタンド式の照明器具を製作しました。

 

Brilliant Flower

風が吹くと、ひらひらと花びらが揺れます。
六角形のユニットによる枯れない花。

trapezoid triangule

建物をイメージし、三角形と台形の繰り返しパターンで構成された照明です。
三角形を重ね合わせたところには、陰の陰影が生まれました。

tudumi

モチーフは和楽器の「鼓」です。
ポートタワーなどの入り組んだ骨組みの繰り返しと、鼓の特徴を組み合わせた照明です。

crystal

「結晶」をモチーフに、三角形の繰り返しで構成された照明です。
背が高く、スペースをとらないのが特徴です。
ベッドの隣に置いて、寝る前のひと時を共に過ごします。

傘をモチーフに、三角形を組み合わせて構成した背の低い照明です。
床置きだけでなく、壁にかけても、光の広がりを感じることができます。



「照明と科学」に取り組んだみなさん、お疲れさまでした!

ぴでじんより。