PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2012.12.05

4年生卒業研究

【4年生】卒業制作の進捗状況のご紹介2

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

4年生になると大学における学習の集大成として「卒業論文」、または「卒業制作」を行います。少人数制のゼミに所属し、指導教員と相談しながらテーマを設定し研究します。

各コースで学んだ3年間の知識と技術を基に、専門的な立場を継続しながら専門分野を超えたより広い視点で、総合的なデザイン提案や研究に取り組みます。
12月21日(金)・22日(土)に、プロダクトデザイン学科4年生の卒業研究最終審査が行われます。

向井ゼミからのご紹介。

工房にあるミシン室が「gamiii Lab」と化していました!

この表示は制作中のカバンの端材でできているんですよ。
ミシン室ならではのボビンをマグネットにくっつけて、在室と不在が一目瞭然です。

プロダクトデザイン学科では一番の、工業用ミシンの使い手です!

3つのカラー展開で制作中のカバンも、順調な仕上がりです。
金具も制作してるってとこが、さすがダクト生。
佐野ゼミからのご紹介。
「年輪」をテーマとしたデザイン展開をしています。
木の断面図に見えるこちらの模様ですが、拡大していくと人のシルエットだったり、文字だったりするんですよ。
それらもすべて一から描き起こしているというから、とても手が込んでいますね。
イラストの詳細はまだ秘密にしておきましょう^^

向井ゼミからのご紹介。
ルアーを制作しています。
バリエーションとカラーパターンも豊富に展開していきます。
これを使って実際にブラックバスを釣り上げたそうですよ!

相良ゼミからのご紹介。
発展途上国に向けた、ローコストな作業用義手の提案をテーマとしています。

真剣な眼差し、いただきました!

ぴでじんより。