PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2013.01.28

1年生実習

【1年生実習】アナログクロック 後期2課題目5週目:講評会2

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。
プロダクトデザイン学科1年生の実習についてお届けいたします。

アナログクロック
ムーブメントユニットを用いた「動きのデザイン」

この課題では、日常生活の中で動きの制御による道具の原点ともいえる、物理的なアナログクロックに注目し、このムーブメントユニットを利用して、造形的な視点から「動きのデザイン」を行いました。

ピストンサークル

永久装置ウロボロスの動きを、ピストン運動による落下運動に変換した作品です。
1分間に木が1本上がるようにし、1時間で1周します。

秒針につけられた糸がムーブメントの力で回転すると、片方の秒針の根元のボビンに糸を巻き付ける装置です。

Compasses

マグネットを秒針の先端に装着することで。コンパスが秒針の位置を示します。

皆既日食

秒針に黒い玉を付けそれが1回転するごとに、穴の中のLEDの光と重なります。
太陽に重なる月をイメージした作品です。

色時計

秒針の両端に色の異なる絵の具がついていて、1分間に2回着水します。
時間が経つにつれて色が濃くなり混ざり合い、色の変化で時間を感じることができます。

Mr. Harry

針金のHarryくんは足が交互に動き、歯車を回します。
そこは小さな星の中。宙に浮いた星の中。

feeme

ムーブメントを縦に7個積み上げ、時針に白玉をつけることでゆったりとした時の流れ、秒針に鈴をつけることで1秒ごとに鈴が鳴ります。

MMランナー

人を歩かせることにより、時の流れを表現しています。
回転運動をムーブメントを2つ使うことで平行運動に変換させ、手と足が動きます。

kimyo

秒針と分針がつながれており、時間が経過するにつれてさまざまな形を見せます。
1年生のみなさん、お疲れさまでした!
ぴでじんより。