PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2013.01.29

3年生実習

【3年生実習】ID:スポーツ用品 後期後半7週目講評会

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科3年生、雑貨・インダストリアルデザインコースの実習についてお届けいたします。

雑貨・インダストリアルコース
スポーツ用品

スポーツ用品は用途、目的、ユーザーなどが明快であり、製品の形状や仕上げ、素材などには明確な理由があります。

今回の課題において既存のスポーツをテーマとする場合は、既存のスポーツ用具の改善や問題解決の方法を学びました。
新たなスポーツを提案する場合は、新たにルールや使用場面を設定したスポーツに向けた用具のデザイン企画から、用品のデザインまでを行いました。

Try-angular ―もっと気軽に卓球を―

家で家族と気軽にスポーツができたら・・・という思いから生まれた、ピン球収納ができる卓球ネットです。
布で軽量化をしているので持ち運びも便利で、机の幅に合わせて長さを調節できます。

プレゼン中に卓球をしてみました!
ポップなイメージで楽しく卓球ができますね。

NANTAI

一人でも効果のある柔軟ができるマットの提案です。
前屈の柔軟のときは足ベルトをしっかりと留め、腕でチューブを伸ばしながら背中のシートで体勢をキープさせます。
開脚の柔軟のときはサイドパーツを組み込み、自分のレベルに合うところに支えを挿し込み、腕でチューブを伸ばしながら背中のシートで体勢をキープさせます。
まだ検証モデルの段階ではありますが、軟体自慢の2人に挑戦してもらいました。
この調子で柔軟を続ければ、180度開脚も夢じゃないかも^^

Back Country Boarder

冬のスポーツに自分の足で雪山を登り、自分の見つけた自然がつくったコースを滑るバックカントリースキーというものがあります。
スノーボードで行うには雪山を登るときに大変ですし、木の多い道だと危険を伴います。
この作品は既存のスポーツと新しいスポーツの間を狙い、そしてデメリットを解消するために生まれました。
両足が離れるので、履いたままでよりアクロバディックに動くことができます。

パーツを発注して制作しているので、本当に滑ることができます。
今シーズン、是非試してほしいですね!

Snow Ride

車からスノーボードを降ろしてゲレンデまでの移動や、食堂までの移動をスムーズにするために装着する器具の提案です。
2ステップで簡単に取り外しができ、使用しないときは折り畳むことができます。

前述のBack Country Boarderと一緒に、ゲレンデで試してほしいですね!

fix -trekking stock-

トレッキングにはバードウォッチングや写真撮影など、さまざまな楽しみ方があります。
この作品はトレッキング中に探した枝に装着することでハンドルとなり、ストックとして使うことができます。
枝の種類はさまざまあるので、トレッキングをしながら相棒に出会うことができるという新たな楽しみを生み出します。

uprise ―起き上がる給水ボトル―

サッカーの試合中、ピッチ脇に置く給水ボトルは、倒れると持ち手や飲み口が汚れてしまいます。
この作品はおきあがりこぼし型のスクイズボトルになっているので、水分補給後にピッチ脇に投げ捨てても自然と起き上がることで、清潔に保つことができます。

「スポーツ用品」のテーマに取り組んだみなさん、お疲れさまでした!

ぴでじんより。