PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2013.07.14

3年生実習

【3年生実習】ID:前期後半5週目 不織布とプラスチック成型品と水とで何が出来るか

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科3年生、インダストリアルデザイン領域の実習についてお届けいたします。

インダストリアルデザイン領域
不織布と、プラスチック成型品と、水(液体)とで、何が出来るか?

この課題では、プラスチックの容器と水と不織布とで作られた加湿器のように、3つの組み合わせでできる日用品、キッチン用品、リビング用品の可能性を探ります。
屋内 or 屋外、据え置き or 持ち運び、動作する or 動作しないなど、さまざまな観点から新たな役立ち方 or 楽しみ方を構想し、人にとっての魅力を明らかにしていきます。

不織布は丈夫な素材であり、抗菌処理によって清潔に保つことができます。
また、折り紙の要領で立体的な展開も可能という、不織布ならではの特性を活かしたデザイン案が期待されます。

これまでの実習ではブレインストーミングを行い、女性をメインターゲットに想定してアイデアを膨らませながら、各自のテーマを見出していきました。
新たな発想、アイデアの着眼点の検討、制作に向けての構想立案などのアイデア検討を行い、細部の検討、制作のための課題検討を終え、制作に着手する手はずを踏みました。

自由な着眼と発想とで、これまでにない斬新な提案が生まれています!

ぴでじんより。