PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2013.07.15

3年生実習

【3年生実習】UD/IN:前期後半2週目 スタンド式照明器具の制作

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科3年生の実習についてお届けいたします。
ユニバーサルデザイン領域とインテリアデザイン領域では、それぞれ違うアプローチから、スタンド式照明の制作に取り組んでいます。

ユニバーサルデザイン領域
スタンド式照明器具の制作(照明と科学)

インテリアデザイン領域
構造体+光源による立体造形表現

照明のデザインは、スケッチやモデルにより検討できる造形面と照度・色温度・輝度など物理量の計画を行い、空間を検討する工学的な側面があります。
これらの両面を体験しながら、総合的な照明デザインのアプローチとします。
この課題では、造形性に重点を置きながら、スタンド式の照明器具を制作します。

スタンド式照明器具の制作

光を透過するワーロンシートと、構造となる桧などの角棒を用いて、スタンド式照明を制作します。
自然および人工物や幾何学形態など、同じユニットが複数個連続するような構成とする。

構造体+光源による立体造形表現

空間における「光」のアクセント的要素と共に、スタンド(立つ)構造の造形を追求します。
スタンド本来の造形は、ノックダウン、フォールディングを考慮します。
簡便な差込・引掛などの組み方を主とし、接着やネジ留めは最小限とします。
ディスプレイ使用や什器への組み込みにおいて、自由度の高いLEDなどの小光源の利用体験を兼ね、挑戦的で効果的な造形を目指します。

2週目のこの日は、プロダクトデザイン学科の卒業生も働く、大光電気株式会社さんのショールームを見学しました。
ライティングコアは、空間演出を高めるプロの光をシミュレーションできるスペースとして、光の体験ができるショールームです。

住宅、リビング、キッチン、庭などを再現した照明空間を体験したあと、施行例を解説していただきました。
今回の光環境の体験をもとに、アイデアを展開させていきました。

ぴでじんより。