PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2013.08.16

1年生実習

【2年生実習】前期3課題目4週目 お菓子の紙箱パッケージ 講評会2

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。
プロダクトデザイン学科1年生の実習についてお届けいたします。

お菓子をテーマにした紙箱パッケージ

この課題では市販されているお菓子の紙箱を参考にしながら、紙を用いた箱を作成します。
内容物は菓子類とし、その菓子自体の内容や形体などを新たに設定し、それを紙箱パッケージにグラフィカルに表現します。
紙箱の構成を理解すると同時に、情報伝達の効果的な方法を学びます。
昨日に引き続き、作品を紹介していきますね!

an. orange

オレンジグミと葉の部分はシークワーサーグミでできていますが、反対側から見るとわかるように、あんこが塗られた和菓子になっています。
オレンジを模したパッケージがお菓子とよく合っていますね。

メガロチョコ

複雑な形状をしているのには理由があり、このパッケージは上下の凹凸をうまく組み合わせて積み上げることができます。
都会のビル群をホワイトチョコレートで表現した、都会派チョコレートです。

LIFTAB

箱の構造に拘り抜いた作品で、黄色のテープを引っ張るとリフトアップされたガムが箱の上部に現れます。
底の方のガムが取りにくいこともなく、スマートにガムを携帯できます!

おはぐろグミ

しっかりした食感のコーラ味グミでできています。
一つひとつにスリットが入っているので、長いまま自分の歯に装着して遊ぶこともできますし、グミなのでひとかけらずつちぎって一本だけ歯につけることもできます。

三味せんべい

味噌・ツナマヨ・梅の3つの味が楽しめる、スティック型のせんべいです。
駄洒落を用いたネーミングがいいですね!

ICEEN

ミント風味のクリームを包んだバニラマシュマロに、ソーダ味のハードグミを添えた、夏にぴったりの爽やかなお菓子です。

明日も引き続き、お菓子の紙箱パッケージの作品をご紹介します!

ぴでじんより。