PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2013.08.27

3年生実習

【3年生実習】前期後半課題 ID:錫を使ったキッチンウェアー 講評会1

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科3年生、インダストリアルデザイン領域の実習についてお届けいたします。

錫を使ったキッチンウェアーのデザインと制作

この課題では、錫(すず)素材を中心としたキッチン周辺のグッズをデザインし、実用制作までを行います。
木、竹、樹脂、神、ガラスなどの他の材質との組み合わせは自由です。

鍍金やサンドブラストなどの処理についても意識を深めるとともに、錫の接合方法や板作り、キャストについての技法も完全習得します。

作品をご紹介いたします!
竹をモチーフにしたコップです。
4つのコップは少しずつサイズが違うので、積み重ねるとまるで竹のよう。
冷たい飲み物や、素麺つゆのコップとしても活躍しそうです。

中国からの留学生が作ったのは、ひょうたんの形をした果物皿です。
ひょうたんは中国の仙人の話によく登場する馴染みの深い植物だそうです。
「夢」という文字はマスキングをして、硝酸で周りの色を変化させました。

さり気ない存在感と凛とした雰囲気の、一輪挿し花瓶です。
地面に根を張る木をモチーフにしています。

真円の造形がシンプルなタンブラーです。
底にはコルクがついており、冷たい飲み物を飲んでもテーブルに結露の跡をつけません。
また、コルクは取り外して乾燥することができます。
明日も引き続き、錫を使ったキッチンウェアーの作品紹介をお届けいたします!
ぴでじん。