PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2013.09.25

学生の活動

【学生の活動】「48時間デザイン・マラソン」が開催されました

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

国際ユニヴァーサルデザイン協議会主催の「48時間デザイン・マラソン」が、本学にて9月17日から3日間、開催されました。
これは、障害のある人をリード・ユーザあるいはセンシティブ・ユーザとして、デザイナーが共に行動し、共に発見し、共に考え、共に発表するという、 ユーザ参加型のデザイン・ワークショップです。

プロダクトデザイン学科の2年生2名、3年生4名、4年生3名と大学院生3名の12名が学生スタッ フとして参加しました。

盲導犬ももちろんいっしょに参加しました。
みんながミーティング中は床に寝そべり、静かに待っています。

17日の11時からのオープニングとオリエンテーションの後、5つのチームがそれぞれ神戸の街にフィールドワークに出かけました。
フィールドワー クの内容を午後9時までかかって整理しました。

18日はフィールドワークでの気づきをもとに、問題点を洗い出し、一つに絞り込む作業をまず行いました。

午後はその問題に対してデザインワークを分担して行います。
ユーザーさんも積極的に意見を出したり、モックの検証に参加します。

プレゼンテーション資料作りも並行して行われ、深夜11時ま で作業が続きました。

実は、ホテルに帰った後もそれぞれ分担作業を続けたそうです。

19日の午前は、プレゼンテーション資料に使う撮影や、練習が行われました。

11時30分までにプレゼンデータを提出し、午後1:30から吉武ホールにて公開プレゼンテーションが行われました。

残念ながら聴衆が少なかったですが、チームが一丸となって楽しく解り易いプレゼンが行われました。

48時間デザイン・マラソンに参加した学生は、プロの仕事ぶりを目の当たりにし、また障害のある人と直接触れ合うことができ、ハードだけど充実し た48時間だったと思います。

ぴでじんより。