PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2013.11.01

4年生卒業研究

【4年生卒研】卒業制作の進捗状況ご紹介1

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

4年生になると大学における学習の集大成として「卒業論文」、または「卒業制作」を行います。
少人数制のゼミに所属し、指導教員と相談しながらテーマを設定し研究します。
各コースで学んだ3年間の知識と技術を基に、専門的な立場を継続しながら専門分野を超えたより広い視点で、総合的なデザイン提案や研究に取り組みます。

7月の中間審査を終え、夏休みは調査や試作を行っていた4年生。
12月に行われる卒業研究最終審査へ向け、制作を進めて行かねばなりません。
工房やクリエイティブセンターなどで、卒制に取り組む姿を見かける季節になってきました!
まずはこちら。
Illustratorで描画したイラストを、レーザーカッターで切り出しています。
どのような作品になるかはまだ秘密にしておきましょう^^

細かいパーツは焦げてなくなってしまったそうですが、まだ試作段階なのでそれもまた収穫です。
イラストサイズやレーザー照射の強弱を調整するなど、本制作開始への課題が見つかりました。

レーザーカッターって、ここまで細かい彫刻ができるんですね!
イラストとレーザーカッターのコラボ。
今後の制作に期待大です!

こちらは3Dプリンターです。
卒業制作作品ではありませんが、クリエイティブセンターに試作がありましたので、ご紹介しちゃいましょう。

3Dデータを設計図として断面形状を積層し、立体物を作成しています。
液状の樹脂を少しずつ積み重ねて作られた、恐竜!
牙や爪まで再現できてる!

3Dプリンターで作成した、絶対に解けない知恵の輪^^
いやいや、鎖ですね。

レーザーカッターや3Dプリンターの登場で、卒業制作も時代の波を感じます。

ぴでじんより。