PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2013.11.20

3年生実習

【3年生実習】後期前半8週目 UD:減災デザイン 講評会

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科3年生、生活・ユニバーサルデザインコースの実習についてお届けいたします。

生活・ユニバーサルデザインコース
減災デザイン

自然災害そのものの発生を制御し未然に防ごうとする「防災」ではなく、たとえ災害が起こっても、それによる被害をできるだけ少なくする「減災」という考え方がクローズアップされてきています。
「減災デザイン」は、災害という非日常のための特別な備えとしてではなく、日常使用しているものが災害発生時に有効に機能することに重点をおきます。
普段使いの延長線上に非常事態を考えます。
社会的ニーズを抽出し、課題解決のためのコンセプトメイキングとデザイン実践を学習します。

これまでの実習についての記事はこちらから。
実習2週目には、HAT神戸にある「阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター」に見学に行きました。
・2013年10月7日(月)「後期前半2週目 UD:減災デザイン

どのような問題があるのか話し合ったり、調査してきた情報をシェアし合ったりと、グループディスカッションを重ねました。

そして講評会!
本日の記事では作品のご紹介といきたいところなのですが、今回実習でデザインした作品は、ブラッシュアップした後、「減災デザイン プランニング・コンペ2014」に出展する予定にしておりますので、詳細は後日ご紹介させていただきたいと思います。

ちょこっとだけ写真を載せちゃいます!

興味津々で、作品に群がる人々。

いざというときに「あってよかった」と誰もが救われる作品をプレゼンしました。
これからコンペ出展へ向け、ブラッシュアップをしていきます!
とりあえず、「減災デザイン」に取り組んだみなさん、お疲れさまでした!
ぴでじんより。