PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2014.02.24

雑貨デザイン特集, 2年生実習

【2年生実習】ID:マグネットクリップ 講評会2

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科2年生、インダストリアルデザイン領域の実習についてお届けいたします。

雑貨・インダストリアルデザイン領域
マグネットクリップの制作

メモ用紙や電話番号やレシートなど、ちょっとした資料をマグネットで固定しておく機会は多いものです。
この課題では既存マグネットを利用し、シリコン型とウレタン樹脂による複製法を用いたマグネットクリップを制作します。
制作後の実用が可能なものとし、最低5個の同一作品をセットとしたパッケージデザインも行います。

どんぐりまぐねっと

どんぐりと帽子のどちらにも磁石が入っているため、2つの部品に取り外して普通のマグネットとして、またメモスタンドとして使うことができます。
ほっこりした印象を与えるマグネットにしたかったので、塗料を上から塗るのではなく、樹脂に塗料を混ぜることによって優しい色合いにしました。

Contrafish Mug

風化して行く魚の骨。半永久的に使える磁石。
この2つが合わさり矛盾した「風化しない魚の骨」が生まれました。
反発し合う特性に着目し、魚の3つの骨に下から磁石を同じ極を交互に入れることで、骨を浮かすことに成功しました。

BILL

人はモノを摘むときに、人差し指と親指を使います。
このマグネットは「摘む」という行為に注目し、摘んだときに「鳥のくちばし」に見えるようにデザインしました。

きのこの森

普段は白いきのこですが、暗闇の中では怪しく光るきのこのマグネットを制作しました。
冷蔵庫やホワイトボードなどの一定の場所に使うことで、光は道案内や位置確認の効果をもたらします。

もちねこまぐねっと

ソフトタイプのグミキャストでできた、お餅のような感触と猫をデフォルメした形のマグネットです。
あんこに見立てたマグネットがポイントです。

SCENE

紙を留めておくマグネット本来の機能にルーペシートをプラスすることで、小さくて読みづらい文字で書かれている書類や手紙を読むことができるマグネットです。
引き続き、マグネットクリップ講評会についてお届けいたします!
ぴでじんより。