PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2014.03.05

2年生実習

【2年生実習】UD:段ボールによる小型収納のデザイン 講評会

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科2年生、ユニバーサルデザイン領域の実習についてお届けいたします。

ユニバーサルデザイン領域
段ボールによる小型収納のデザイン

この課題では身近な材料であり、かつ加工性に富んだ素材である段ボールを使用して、小型の収納をデザインし、一般的なデザインプロセスを体験的に学習します。

2次元から3次元への移行と展開図の考え方、強度、収納量、形態のバランス、グラフィック処理などを学習の目的としています。

小型収納の条件は以下の通りです。
・段ボール材料を使用すること
・自宅などの小さなオフィスを想定した収納を目的とすること
・A4やA3サイズの用紙、カタログ、リーフレット、雑誌などの紙類の収納とすること

Dis Patto File 飾る、そして持ち出す。

片手でパッと取り出せる壁掛け型のファイルです。

粘着式のホックで壁やボードに取り付けることができ、土台部分にファイルを挟み込むようにして使います。
小窓からは中の資料が見えるので、中身を取り出さなくても一目瞭然!

BOTH

A4とA3の書類をまとめて持ち運び、収納できるファイルです。
優しく折り畳むことで、A3の書類に折り目をつけることがありません。
ファイルを開いた状態で、壁に掛けることもできます。

他にもバリエーション豊かな小型収納作品が完成しました!

段ボールによる小型収納のデザインに取り組んだみなさん、お疲れさまでした!

ぴでじんより。