PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2014.04.18

3年生実習

【3年生実習】ID:カーデザイン 前期前半2週目

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科3年生、インダストリアルデザイン領域の実習についてお届けいたします。

カーデザイン―私の乗ってみたい軽自動車―

この課題では自分自身の夢や望みを実現させる手段としての軽自動車を考えながら、カーデザインのプロセスや表現力を学びます。
「こんな車があったらいいな」という観点でアイデアを考え、スタイルで表現します。
前期間を通し、カーデザインのプロセス、コンセプトメイキング、アレンジ、そしてスケッチの技能を習得します。

宿題だったカースケッチを貼り出し、先生のチェックを受けます!
カーデザインの実習は始まったばかり。
1年後にこの時期のスケッチを見直すと、どれだけ自分が成長したか感じることができるでしょう。

イランからの留学生のTAが描いたスケッチがこちら。
さすが! 線に躍動感を感じますね!

カーデザインに取り組む学生は、スタジオでスケッチの練習をするのはもちろんですが、ときには外へ飛び出して、自動車を目の前にスケッチを行います。
この日は、フォルクスワーゲンの「UP!」をスケッチすることになりました。

UP!に見られる特徴、フォルクスワーゲンならではのこだわりのポイントの説明を聞く学生。
初めて耳にするカーデザインの豆知識に、目が輝いているのがこちらまで伝わってきます!

まずは正面アングルから。
パッと見は直線かと思っていたところも、実は緩やかなカーブがかかっていたりと、ペンを走らせるそのライン一つひとつにカーデザイナーの想いが込められており、スケッチをして気づかされることがたくさんあります。

次は難易度アップの斜めのアングルに挑戦!
来週もお天気が良ければ別の車種をスケッチしてみるそうですよ^^

ぴでじんより。