PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2014.04.29

展示会

【展示会】国府先生の「國府理展 相対温室」が開催中です!

『國府理展 相対温室』は、中止となりました。詳しくは、下記サイトをご覧ください。

http://www.acac-aomori.jp/air/2014-1/

http://www.asahi.com/articles/ASG4Y7QJZG4YUBNB00W.html?iref=comtop_6_02

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科、非常勤講師の國府理先生の2014年度最初の展覧会「國府理展 相対温室」が青森公立大学国際芸術センター青森で開催中です。

1970年生まれの國府先生は、自動車やプロペラ機など乗り物をモチーフとした作品で知られています。
子供の頃の「メカ」に対する憧れを形にしたようなこれらの作品は、実際に動かせるようにも作られており、多くの夢のマシン同様に、構造そのものが作家の世界観を体現しています。
近年は、人為的に植生を制御する装置やひっくり返った自動車の裏側に大地が広がる作品など、機械(人為)と自然を対峙させるような作品も多く手掛け、空想科学的な作品は、自然と機械の融和と対立を同時に内在し、空想的な未来像を通じて私たちの現在に様々な問いを投げかけます。

展覧会タイトルは、作品の姿でもある世界と人間の関係を相対的に俯瞰しうる装置としての温室を表しています。
圧倒的な新緑の森の中で、自然を考慮しながらも人為的な水平線を強調する安藤忠雄建築のギャラリーの内でみる作品は、作品世界と現実世界が入れ子状になり、生き生きとした実感として立ち現れてくることでしょう。

「國府理展 相対温室」
展示プランドローイング

期 間:4月26日(土)〜6 月22(日)(会期中無休)
日 時:10:00〜18:00
会 場 国際芸術センター青森 ギャラリーA、B
アーティスト:國府理(こくふ・おさむ)
入場無料
問合せ:青森公立大学国際芸術センター青森
    〒030−0134 青森市合子沢字山崎152−6

ぴでじんより。