PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2014.05.25

キャンパスライフ

【キャンパスライフ】スウェーデンのイヨテボリ大学からのお客さま

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

5月24日(土)に、スウェーデンからのお客さまとの交流会が行われました。

スウェーデンのイヨテボリから2時間ほどの森と泉に囲まれた静かな町StenebyにあるHDKSchool of Design and Craftの木工家具学科から、Adrian Coen先生と大学院生のLuka Jelusicさんをお迎えしました。

木工家具学科全員(24名)の研修旅行で来日された行程の、最後の一日を神戸芸術工科大学で過ごしていただきました。
来校のきっかけは、今年のミラノでのDesign Soilの展示を見られて、急遽予定の中に組み込まれました。
Design Soilのミラノの記事はこちらから。
・2014年4月12日(土)「Design Soilのミラノ速報1
・2014年4月13日(日)「Design Soilのミラノ速報2

HDKSchool of Design and Crafのあるイヨテボリについて少しご説明いたしましょう。

イヨテボリは家具で有名で、エリック・G・アスブルンドという建築家がデザインしたイヨテボリ(ヨーテボリ)という名前の大変有名な椅子があるそうです。

トーネットのNo.14のオマージュとしてヨーテボリ庁舎の裁判所のために1934年にデザインされたものです。

W40×D52×H80×SH45 ウォールナット材、皮革張り折衷的なモダンクラシシスムをもつ彼の作品は、アルヴァ・アアルトやアルネヤコブセンにも影響を与えているエポックメイキング的な椅子です。(By 佐野先生)

Design Soilのメンバーと学生数名が参加し、Design Soilの活動と作品の紹介を行い、その後HDK-Stenbeyのプログラムを紹介いただきました。
これまでのDesign Soilのコレクションを並べた空間で活動や作品についてプレゼンテーションし、お二人には実際に作品に触れていただきました。
Design Soilのメンバーである学生も、自らの作品について説明しました。
 
セレンディップギャラリーでの2年生の課題作品の展示も高く評価いただきました。
Turning point展の記事はこちらから。
・2014年5月20日(火)「プロダクトデザイン学科3年生「Turning point」展

文化的にも地理的にも大きく異 なる二つの大学ですが、同じような結果に至っていることをお互いに確認し合い、今後の交流を約束しました。

Adrian Coen先生と大学院生のLuka Jelusicさん、ありがとうございました。
また日本に、そして神戸に遊びに来てくださいね!

来年のミラノで、Design Soilと再会できるといいですね!

ぴでじんより。