PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2014.05.28

フレッシュマンセミナー

【フレッシュマンセミナー】有馬玩具博物館の見学!

こんにちは。PD-ZiNE発行者のぴでじんです。

フレッシュマンセミナー2日目についてお届けいたします!
お部屋で遅くまで語り明かして、みんな寝不足気味だったのかな?

朝から豪華な御膳をいただき、元気に有馬の街へと出発しました!

新緑の五月なのに、真っ赤に紅葉しているもみじを発見。
寒の戻りがあったから?そういう種類?

緑と紅のコントラストが美しいです。

お宿の前で前半組の集合写真!

金の湯の飲泉所で、源泉を口に含んでみると・・・
鉄分と海水の3倍の塩分を含んでいるので、うえぇ〜><なお味でしたw

お宿からてくてく歩いて、有馬玩具博物館に到着!

有馬玩具博物館は4つの展示フロアに、テーマごとに約4000点ものおもちゃが展示されています。
伝統的なおもちゃから現代のおもちゃ、ボタンを押して遊ぶからくり人形や鉄道模型など、実際に触りながら学んで遊べる充実した内容です。

博物館の方にドイツのおもちゃについて説明していただきました!
ろうそくを灯すと、メリーゴーランドのようにくるくる回りだすおもちゃ。

お香を中に入れると煙が出てきて、まるでタバコを吸っているかのようなお人形。

バームクーヘンのようだけど断面が動物の形になった木を切って、置き物を作る技法を紹介していただきました。
これで量産するというわけですね。

くるみ割り人形!
これだけ並ぶと迫力あります!

スイスのネフ社で作られている積み木は単純な形でありながら、無限の可能性を秘めています。

積み木の遊び方をスタッフの方に披露していただきました。

遊び方は無限!

積み木なのにぐにょーん。
仕掛けを知らなかったら驚きの形態!

手前の積み木に「ふっ」と息を吹きかけると、ドミノ倒しのように積み木が次々と倒れていくなんて!

説明の後も、積み木に興味津々の1年生なのでした^^

次はからくりおもちゃを説明していただきました。
ヨーロッパからくり・オートマタは、イギリスを中心に発展してきました。
簡単な仕掛けを組み合わせてできたその動きは、ユーモアがぎゅっと詰まっています。

猫パーンチ!!

ぺろぺろとミルクをなめる猫。
突然・・・

ばたっと倒れてしまいました><
このオートマタの名前は、ポイズンミルク。
毒入りのミルクをなめてしまったのです><
かわいそうな猫ちゃん。

続いては鉄道模型!

メルクリンHOゲージの鉄道模型が、ドイツのバーデンバーデンの駅を発車します。
鉄橋を渡って、ノイシュバンシュタイン城の麓を通り、トンネルを抜ける。
1/87で作られたジオラマの中を走る姿に釘付けです。

細かいところまで作り込んであり、鉄道だけでなく街並や人に注目してみるのもおもしろい発見があります!

明日の記事では、有馬の街散策についてお届けいたします!

ぴでじんより。