PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2014.07.25

1年生実習

お菓子の紙箱パッケージ 前期第3課題 講評会1

こんにちは。PD zine発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科1年生の実習についてお届けいたします。

1年生の前期実習は3チームに分かれ、1課題4週間ごとに3課題をローテーションで行います。

これからデザインを学習していく上で、基本的に身につけておかねばならないものを学習します。

今回は「お菓子をテーマにした紙箱パッケージ」についてご紹介いたします。

 

 

お菓子をテーマにした紙箱パッケージ

この課題では市販されているお菓子の紙箱を参考にしながら、紙を用いた箱を作成します。

内容物は菓子類とし、その菓子自体の内容や形体などを新たに設定し、それを紙箱パッケージにグラフィカルに表現します。

紙箱の構成を理解すると同時に、情報伝達の効果的な方法を学びます。

 

4週目は講評会が行われました。

美味しそうなお菓子が並んでいますね!IMG_1399

 

 

まずは先生による全体講評、その後、学生が自分が作ったお菓子についてプレゼンを行います。IMG_1403

 

 

 

でろっとチョコ ANIMARO

なんだか不思議な生き物の顔のカタチをしたマシュマロを押すと、でろっと中身のチョコクリームが出てきます!IMG_1426IMG_1421

 

 

Boned ボーンド

「骨抜き」という意味のBonedという名前通り、骨を抜いた魚のカタチをしたハードグミです。IMG_1442IMG_1439

 

 

 

BOOK’N ROLL CANDY

ジュークボックスを模したパッケージには、音符のカタチをしたグミが入っています。IMG_1448IMG_1445

 

 

Danza

花びらのカタチをしたキャンディーをコンパクトなパッケージにまとめました。

花びらを一枚ずつはがして食べることもできますよ!IMG_1410IMG_1408

 

明日も引き続き、お菓子の紙箱パッケージについてお届けします!

 

ぴでじんより。