PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2014.08.04

1年生実習

フィニッシュワークとパーステクニック 前期第3課題4週目

こんにちは。PD zine発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科1年生の実習についてお届けいたします。
1年生の前期実習は3チームに分かれ、1課題4週間ごとに3課題をローテーションで行います。
これからデザインを学習していく上で、基本的に身につけておかねばならないものを学習します。

今回は「フィニッシュワークとパーステクニック」についてご紹介いたします。

 

 

フィニッシュワークとパーステクニック

この課題では、大学入学以前にデッサンの経験がある学生も、ない学生も、これからデザインを学習していく上で必要な、基本テクニックを身につけていきます。

形態を捉え、平面上に描写する力はデザインの基礎です。
この課題ではパースペクティブの方法を習得し、同時にデザインスケッチに必要な描写力・観察力・集中力を養うことを目的にしています。

 

 

学内をインキングでスケッチしよう

掲示板のある基礎棟の階段です。

基礎棟前から中庭、そしてプロダクトデザイン学科棟が描かれています。MX-2640FN_20140727_163833_004

 

環境・建築デザイン学科棟前からウッドデッキ、そして本館。

その向こうには山が見えていますね。MX-2640FN_20140727_163833_008

 

 

 

トレースダウンの方法・インテリアのインキング

MX-2640FN_20140727_163833_003MX-2640FN_20140727_163833_002MX-2640FN_20140727_163833_003MX-2640FN_20140727_163833_007MX-2640FN_20140727_163833_006MX-2640FN_20140727_163833_005

 

 

入学までにスケッチやデッサンの経験がなかった学生も、一通りの知識と技術を習得することができました。
今後の課題のいろんな場面で、役立つことと思います。

フィニッシュワークとパーステクニックに取り組んだみなさん、お疲れさまでした!

 

ぴでじんより。