PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2014.09.11

学生の活動

学科横断プログラム「ワークショップ・ファシリテーション&ドキュメンテーション演習」をご紹介

こんにちは。PD zine発行者のぴでじんです。

1年生の授業に「学科横断プログラム」というものがあります。

これは、プロダクトデザイン学科の学生だけではなく、神戸芸工大にあるその他の学科の学生も参加できる授業です。

今日の記事では、プロダクトデザイン学科で開いたこの授業の一つ、「ワークショップ・ファシリテーション&ドキュメンテーション演習」をご紹介します。

 

ワークショップでは、「いろんな年齢や特技、特徴を持った人が集まって、物づくりをすること」を大切にします。

「今までに体験したことのないことから新しい発想が生まれる。」

これをモットーに、この授業では物づくりの視点から、農業の在り方や、子どもの遊び方、自然素材の活用方法などをいろんな分野や年齢の人と考え、一緒に作り上げていきます。

 

ワークショップでの体験は、ドキュメンテーションという形で記録され、インターネットで共有されます。

授業の中では、ビデオや写真を使ってドキュメンテーション・フィルムという短いムービーフィルムを作る練習もします。

こうして、物づくりの新しい発想方法を学んでいくのです。

 

ドキュメンテーション・フィルムはこちらからご覧ください。

こべっこランドロボットワークショップ

http://youtu.be/S3tsIN6ZLmU?list=UUDjK8s6XlvOSm2CBP1EFj8w

 

こべっこランド中学生プログラム

https://www.youtube.com/watch?v=JjoXV6ZF25M&list=UUDjK8s6XlvOSm2CBP1EFj8w

IMG_1738

 

ぴでじんより。