PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2014.10.02

2年生実習

モーション・トイ(動きのあるおもちゃ) 後期前半課題2週目

こんにちは。PD zine発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科2年生の実習についてお届けいたします。

 

ユニバーサルデザイン領域:モーション・トイ(動きのあるおもちゃ)

この課題では、モーターやLED、センサーなどを用いて動きのあるおもちゃの制作を行います。

スタイロフォーム、スチレンボード、モデリングペースト、ジェッソを用いた切削型の静態モデルの制作技術を学ぶとともに、電気配線やギア組み込み、電子回路による制御について基礎的な手法を学びます。

 

2週目のこの日は、各自持参した動きのあるおもちゃのスケッチを行い、そのおもちゃの分解と動態図面を作成しました。

子どものころに遊んだことのあるおもちゃや、コンビニやスーパーなど、音が鳴るもの、光るもの、からくり仕掛けや、おきあがりこぼしや、プログラム制御されたもの、 トランスフォームしたり、空気を入れると動くもの・・・など、さまざまなおもちゃを持ち寄り、それぞれが持ち寄った「おもしろい反応をするおもちゃ」とヒトとの関係性について考えました。IMG_3737

 

おもちゃのスケッチ。IMG_3678IMG_3680

 

 

バラバラに分解され、犠牲となったかわいそうなクマさんw

おもちゃの構造を理解するために、おもちゃを分解したんですよ^^IMG_3740IMG_3741

 

この日はコピックマーカーによるスケッチ講習も行われ、影とハイライトの描き方などコツを伝授してもらった学生たち。

これからアイデアスケッチを描きながら習得していきます。IMG_3675

 

次週より、これから制作する作品のアイデア出しを開始します!

ぴでじんより。