PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2014.11.05

2年生実習

モーション・トイ(動きのあるおもちゃ)後期前半課題6週目

こんにちは。PD zine発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科2年生の実習についてお届けいたします。

 

ユニバーサルデザイン領域:モーション・トイ(動きのあるおもちゃ)

この課題では、モーターやLED、センサーなどを用いて動きのあるおもちゃの制作を行います。

スタイロフォーム、スチレンボード、モデリングペースト、ジェッソを用いた切削型の静態モデルの制作技術を学ぶとともに、電気配線やギア組み込み、電子回路による制御について基礎的な手法を学びます。

 

前回の記事はこちらから。

2週目は各自「おもしろい反応をするおもちゃ」を持ち寄り、ヒトとおもちゃとの関係性について考え、おもちゃのスケッチやおもちゃの分解、そして動態図面を作成しました。

・2014年10月2日「モーション・トイ(動きのあるおもちゃ)後期前半課題2週目

 

4週目のこの日は全員同じ課題に取り組みました。

内部に振動モーター、スイッチ、電池が入ったタマゴを作ることで、内部構造の理解とモデリングペーストによる表面加工を習得します!

IMG_4438

 

 

このタマゴは直立する造形にすること、振動によるおもしろい動きを表現することが条件にあります。

振動モーターを仕込む位置、全体の重さとモーターのサイズのバランスを考えながら各自制作に励みました。

スタイロフォームをタマゴ型に削って、中をくり抜いて・・・IMG_4439

 

モデリングペーストを塗っていきます!IMG_5245IMG_5250

 

 

振動モーターやスイッチを半田付けする作業が未経験もいるので、先生に教えてもらいながら初挑戦です!IMG_5246

 

 

6週目のこの日は方眼紙で歯車や箱を作り、からくり構造について学びました。

紙でできていてもちゃんと歯車が周り、上の2本の棒が上下するんですよ!IMG_6049

 

これから制作していく動くおもちゃにも活かせそうですね!IMG_6061

 

 

これら課題を進めながら、おもちゃのアイデア出しも進めていきます!

タコの足をリズミカルに動かすという作品。しなやかな足の動きを表現するのは難しそうですね。IMG_6055

 

 

表面加工、内部構造、半田付け、からくり構造などを習得し、これから各自が考えた動きのあるおもちゃの制作に取りかかります!IMG_6068

ぴでじんより。