PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2014.11.15

キャンパスライフ

皆既月食を観察しながらのタコスパーティー!

こんにちは。PD zine発行者のぴでじんです。

10月8日(水)に、4年生と3年生の一部のメンバーが集まって、3階の踊り場から皆既月食を観察しました!

ちょっとネタが古くなってしまいすみません><

 

みなさんも皆既月食をご覧になりましたか?

肉眼でも観察できて、スマホのカメラでも撮影できてしまう天体ショーを楽しまなければ損!

ということで、カメラやビデオカメラをセッティングして、月が欠けていく様子を観察しながらタコスパーティーをしましたよ。

残念ながらタコスの写真はありません><

暗がりの中、だいたいの感覚で具材を乗っけて食べたので、写真が撮れませんでした><

 

 

ここでちょっとだけ皆既月食の説明をしておきましょう!

太陽の光を反射して輝く天体、地球と月には、地球(月)にも太陽の光による影があり、太陽とは反対の方向に伸びています。

この地球の影の中を月が通過することによって、月が暗くなったり、欠けたように見えたりする現象が「月食」です。

星空の中での太陽の通り道(黄道)に対して月の通り道(白道)が傾いているため、ふだんの満月は地球の影の北側や南側にそれた位置になります。

月食は、太陽―地球―月が一直線に並ぶとき、つまり特別な満月のときだけに起こります。

地球の影には「本影(太陽光がほぼさえぎられた濃い影)」と「半影(本影を取り囲む薄い影)」の2種類があり、月がどちらの影に入り込むかによって月食の呼び方が変わります。

・・・だそうですw

 

 

三脚を立てて撮影すれば、コンパクトデジタルカメラでも充分に美しい皆既月食が撮影できましたよ。

だんだん欠けていくお月様の写真をどうぞ^^IMG_0001IMG_0003IMG_0008

 

 

ここからカメラの設定を変えたので、ちょっと違った色をしています。

こちらの方が、ニュースなどで見た皆既月食の色に近いかもしれませんね!

 

皆既食は月が本影(太陽光がほぼさえぎられた濃い影)の中に完全に入り込みますが、皆既食中の月は真っ暗になって見えなくなるわけではなく、「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色に見えるそうです。IMG_0015IMG_0022

 

 

毎朝、朝日は昇っているのに、初日の出くらいしかわざわざ朝日を見るタイミングってないですよね。

それと同じで、毎晩、お月様は私たちを見守ってくれているのに、お月様に目を向けることって少ないなと思うんです。

皆既月食はもっとも身近な天体ショーのひとつ。

たまにはお空を見上げてみるのもいいものですよ。IMG_9825

 

ぴでじんより。