PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2014.11.24

3年生実習

カーデザイン―私の乗ってみたい軽自動車― 講評会

こんにちは。PD zine発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科3年生、インダストリアルデザイン領域の実習についてお届けいたします。

 

カーデザイン―私の乗ってみたい軽自動車―

この課題では自分自身の夢や望みを実現させる手段としての軽自動車を考えながら、カーデザインのプロセスや表現力を学びます。
「こんな車があったらいいな」という観点でアイデアを考え、スタイルで表現します。
前期間を通し、カーデザインのプロセス、コンセプトメイキング、アレンジ、そしてスケッチの技能を習得します。

今回はデザイン上、一部の作品は軽自動車の規格よりも大きいサイズの自動車となっています。

 

 

Clean TRASH TRUCH DESIGN

汚い車と見られがちなゴミ収集車をデザインし、「クリーンなごみ収集車」というイメージに変換することで、仕事に対する人々の意識を変えることをコンセプトにしています。

作業員の負担を減らす工夫として、ごみ収集ボックスが自動で持ち上がる仕組みになっています。IMG_6966IMG_6971

 

 

 

Bar Bus

坂が多く、極狭の道、バスを運行するほどの需要もない・・・といった地域のための「自治会バス」です。

マイクロバスよりも小さい5ナンバーの小型規格なので、狭い道も難なく進むことができ、かつ乗り降りがし易いノンステップバスを考えました。

名前の由来となった通り、バーの椅子に腰掛けるように座ることで、立席の利用で乗車定員は7名まで可能です。IMG_6976IMG_6983IMG_6986

 

 

 

CAR HOUSE

部屋が狭くて困っている人のために考えた、部屋の一部となって部屋を広くする車です。

このCAR HOUSEを部屋にドッキングすることで部屋を拡張し、ベッドや本棚や机など、部屋にある家具をレールにより移動が可能になります。IMG_6999IMG_7002

 

 

 

A ROADSTER FOR ARTISTS

大きなキャンバスに絵を描き、ロードスターなどのコンパクトでありデザイン性を重視する車を好むアーティストのための、絵画を運搬できる小型車です。

普段は通常のロードスターとして、大きなキャンバスを運搬するときは、ストレッチ素材でできた屋根部分がキャンバスに合わせて伸び縮みする、デザイン性と実用性を兼ね備えたロードスターです。IMG_7007IMG_7010

 

私の乗ってみたい軽自動車に取り組んだみなさん、お疲れさまでした!

 

ぴでじんより。