PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2014.12.23

4年生卒業研究

卒業研究最終審査講評会が行われました

こんにちは。PD zine発行者のぴでじんです。

12月19日・20日にプロダクトデザイン学科4年生の、卒業研究最終審査講評会が行われました。

初日は主に、インダストリアルデザイン領域とユニバーサルデザイン領域の学生、二日目はインダストリアルデザイン領域の学生が4年間この大学で学んできたこと、この1年間かけて取り組んできた研究、そのすべてをプレゼンテーションに想いを込めて出し切りました!

今後、展示に向けてさらに進化を続け、みなさまには来年2月に行われる「卒展カオス」の会場にてご覧いただくことができます。

 

プレゼンテーションを聞きに駆けつけた、1〜3年生の後輩たち。

3年生は来年、自分たちの番ですね!IMG_8344

 

初日の発表者のお顔を一覧にしました。

池内先生、撮影ありがとうございます。

121219-20最終審査会

 

 

 

講評には客員教授の安積伸先生にもご参加いただきました。

安積先生は英国王立美術大学(Royal collage of Art)修士課程を修了し、以降ロンドンを拠点に活動を開始、1995年より10年間デザインユニット「AZUMI」として活動後、2005年に個人事務所「a studio」を設立し、欧米諸国の国際的な企業と協働されています。

国内外で多数の賞を受賞し、代表作「LEM」「Yauatcha Tea Set 」などの作品が、イギリス、ドイツ、オランダなどの美術館に収蔵され、近年はヴィトラ・デザインミュージアム・ワークショップ講師として後進の指導、ベオグラード・デザインウィークやイスタンブール・デザインウィークなど国際的な場での講演活動も行っている、日本を代表する世界的デザイナーです。

 

卒業研究の成果発表を安積先生に講評いただくという、またとない機会となりました。

安積先生、ありがとうございます!IMG_8817IMG_8819IMG_8401IMG_8416

 

4年生のみなさん、お疲れさまでした!

ぴでじんより。