PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2014.12.21

展示会

「第7回 構成された光展」が開催されました

こんにちは。PD zine発行者のぴでじんです。

12月16日(火)、「構成された光展」が本学セレンディップギャラリーにて開催されました。

「構成された光展」は今年で7年目を迎え、本学の学びのうち「構成」に関わる授業の課題や研究から制作された学生作品を展示し、「構成」の知見を元につくられた「光」の造形を楽しめる展示会です。

 

天井から吊るすランプ、オブジェ、LED照明、頭に身につけるもの、プロジェクターで投影するものなど、「光」をテーマに作られた作品がセレンディップを彩り、授業成果を他学科や地域の方々に広く知っていただく機会となりました。IMG_8169

 

入り口からいきなりのインパクト!

コンピュータ演習の課題「100 Circles」が貼られた、自動ドアのガラス面!

模様が美しく浮かび上がっています。IMG_8149IMG_8150

 

 

テントに映し出されているのは、Motion Picture Live!IMG_8159IMG_8154

 

 

色とりどりの星の下に座るのは、Metamorphosed Headを身につけた学生たち。

制作者自らが作品と化しました。IMG_8169IMG_8175

 

 

 

プロダクトデザイン学科からは、1年生の後期実習課題として制作したLamp Shadeを展示しました。IMG_8191IMG_8198IMG_8203

寒い季節に、心温まる光の展示会となりました。

 

これまでの「構成された光展」の記事はこちらから。

・2011年12月22日「第4回 構成された光展

・2012年12月10日「第5回 構成された光展

・2013年12月18日「第6回 構成された光展

 

ぴでじんより。

2014.12.20

2年生実習

ID:マグネットクリップの制作 後期後半4週目

こんにちは。PD zine発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科2年生、インダストリアルデザイン領域の実習についてお届けいたします。

 

雑貨・インダストリアルデザイン領域
マグネットクリップの制作

メモ用紙や電話番号やレシートなど、ちょっとした資料をマグネットで固定しておく機会は多いものです。

この課題では既存マグネットを利用し、シリコン型とウレタン樹脂による複製法を用いたマグネットクリップを制作します。

制作後の実用が可能なものとし、最低5個の同一作品をセットとしたパッケージデザインも行います。

アイデア展開 → 原型制作 → 型取り作業 → 注型作業 → 制作 → 仕上げ作業 → パッケージ制作と工程を進めていきます。

 

 

アイデアスケッチがいっぱい!IMG_7645

 

本物のみかんを手に、みかん型のマグネットを検討中!IMG_7650

 

 

先生にアドバイスをもらいながらアイデアを決めていきます。 IMG_7664

 

 

アイデアが決定した人から、早速、制作に入りました!

まずは、サイコウッドやケミカルウッドを切り出していきます。IMG_7768

 

こちらの吹き出し型マグネットは、書いても消せるような表面処理にしますよ。IMG_7651IMG_7654

 

おててを削り出していきます!

指の間が大変><IMG_7763

 

 

アクリルを重ねた枠の中にあるのは・・・スイッチ!

ON/OFFをパチパチできるようになるのかな?IMG_8123

 

続いて、型取りや注型作業に入ります!

分量を間違えたら固まらないので、慎重に量って、混ぜて・・・IMG_8114

流し入れて・・・IMG_8132

 

固まるのを待ちます!

触りたくなるのを、ぐっと我慢wIMG_8129

 

 

こちらはアクリルをレーザーカッターで切り抜いて、そこにシリコンを流し入れました。

柔らかいシリコンなので、手のひらに入れたマグネット同士をくっつけて使えるように考えています。IMG_8122

 

 

 

液を計って今から注型しようとしているのが・・・IMG_8121

 

指! 彼女の手で型を取りました!IMG_8127

 

指を沈めていきます!IMG_8134

 

 

 

こちらはいち早く、注型までできました!IMG_8137

 

ねこちゃん。IMG_8118

 

だるま落としのようになりますよー!IMG_8140

 

型ができた人は量産し、その後はパッケージを制作していきます!

 

ぴでじんより。