PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2015.02.28

3年生実習

UD:直島・倉敷へ研修旅行へ行きました2

こんにちは。PD zine発行者のぴでじんです。

昨日の記事に引き続き、プロダクトデザイン学科のユニバーサルデザイン領域3年生の、直島と倉敷美観地区へ研修旅行についてお届けいたします!

ぴでじん初の試みとして、3年生のレポートから抜粋してみんなの感想を掲載していきますね!

 

1日目の夜は、お宿で宴会!

瀬戸内海を一望できる露天風呂を満喫した御一行。

浴衣に着替え、美味しい料理をいただきながら、先生や仲間たちと親睦を深めました。

「旅館で先生方と力を抜いてお話できる場があるというのも新鮮でした」OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

2日目は倉敷美観地区へ。

「倉敷格子や白壁の建物、それらが倉敷川の川面に映る姿は美しかったです。天気がよくて白壁や川面が輝いていました。夜は照明が照らされ、また違った雰囲気がでそうなので見てみたかったです」

「本町通りに続く東町通りも歴史と生活感が絶妙に調和し、静かな暮らしを垣間見ることができました。古い街並のあちこちに見かける軒屋根看板や井戸跡など『いにしえの暮らし』を発見したり、歩くだけで楽しかったです」

「昔を懐かしむきれいな街でした。美術館とか焼き物のお店とか、喫茶店も建物がすごく洗練されていて、一つ一つを楽しみたくなるような場所でした。街全体の景観、雰囲気が統一されていて、京都の祇園と同様に、電線などを地中に埋めた形で街ができており、景観を損なわないところでした」OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「大原美術館に置かれる、写真でしか見たことのなかった絵画たちを間近に見られたことは本当に良い経験で、描かれた絵の作者のこだわりや気持ちが、ほんの少しですが身近に感じられたかと思います」

「日本の現代アーティストの作品が収められたエリアでは、大きな新聞を束ねたような作品や屋外に設置することで、錆も作品とするものなど他の歴史深い展示品とは違い、年代が近いからこその馴染み易さもあり楽しめました」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

卵かけご飯や、幸せになれるというプリンを食べました^^DSC_0230

 

ここは鬼太郎とお化け屋敷かな?DSC_0215

 

アイビースクエアにも足を運びました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

「今回のデザインサーベイを活かした物作りをしたいと思ったのと、もっとさまざまな美術館、展示会を巡って良い物をたくさん吸収したいと思いました」

「2日間を通して、人間関係や美術館での発見、作品を見たときの感情の変化などが自然の中でのデザインの固定観念をなくしてくれ、デザインの幅が広がり、いろいろな面で成長できたと思います。これからの経験が将来自分がやりたいことの方向性も見えて来た気がしました」

「美術館めぐりなど、時間にゆとりのある大学生のうちにしかできないものだなと痛感したので、この恵まれた環境のうちにいろんな美術館に行って、目を肥やしたいと思いました」

というような感想がレポートにはありました。

 

ユニバーサルデザイン領域のみなさん。

この経験を大切に、来年度から始まる卒業研究に取り組みましょうね^^

 

ぴでじんより。

 

2015.02.27

3年生実習

UD:直島・倉敷へ研修旅行へ行きました1

こんにちは。PD zine発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科の3年生は、インテリアデザイン、インダストリアルデザイン、ユニバーサルデザインの3つの領域ごとに、「生産の現場・工房・歴史を見る」という学外研修を実施しています。

ユニバーサルデザイン領域は、直島と倉敷美観地区へ研修旅行へ出かけました。

それでは今日から数日に渡り、研修旅行についてお届けいたしますので、どうぞおつきあいくださいね!

 

1日目は直島に渡り、地中美術館とベネッセハウスの見学。

2日目は倉敷の美観地区の散策というのが、今年の研修旅行のスケジュール。

今回のブログでは、ぴでじん初の試みとして、3年生のレポートから抜粋してみんなの感想を掲載していきますね!

 

まずは「岡山と言えば!」の桃太郎御一行様との記念写真から^^ 犬のポーズをしてる人がいますねwOLYMPUS DIGITAL CAMERAP1220105

フェリーに乗って、いざ直島へ!

「フェリーでの移動で景色を眺めながらの出発で岡山だけあって桃太郎の鬼退治に行く気分にもなれたかのようでした」DSC_0048

一カ所目の目的地、地中美術館へ。 館内は写真撮影NGなので残念ながら写真がありませんが、みんなそれぞれの感性で美術館を満喫した模様。

「私はジェームス・タレルのオープン・フィールドがお気に入りで、その空間の外から見る、目の前に立って見る、中に入って見る、そしてまた外から見るという動作が、感覚を狂わされているようで、すごく不思議で最初から最後まで驚かされました」

「先生から『この美術館はすべて自然光しか使っていない』というお話を聞き、この自然光のおかげでこんなにも人工的なコンクリートの壁の中なのにどこか自然を感じることがでくる、不思議な感覚でした」

「美術館の雰囲気というか、流れる時間は、今まで訪れた美術館の中でいちばん自分の肌に合っているのかもしれないと感じた」OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地中美術館で集合写真。CSC_0123

こちらがおふざけバージョンwDSC_0093

古賀先生とツーショット!DSC_0086

直島と言えばこれですよね! 草間弥生さんの赤かぼちゃ!DSC_0114DSC_0115OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地中美術館に続いてはベネッセハウスの見学に行きました。

 「ベネッセアートサイドでは何より、直島の高台から海を見下ろす絶景に思わず息を飲んだ」

「ベネッセハウスは数多くの作品があり、絵画、彫刻、電子機器を組み込んだものから自然を取り込んだ作品まで多種多様にあり、地中美術館と違い、賑やかな作品に溢れていた」

「地中美術館とはまた違い、独特な作品が多く、中でも一番印象的だった作品は、黒と黄色の船が海岸にある絵です。どこかで見たことがあるなと思いながら、絵の向かいにある窓から外に出ると、その絵とまったく同じ景色が見られました。バスで向かうときにも『なぜあんな所に船が?』と思っていましたが、そういうことかと感じるとともに、遠くの海岸の船まで作品の一部にしている島全体が作品と思わせるスケールの大きさに関心しました」OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

続きは明日のブログで^^

 

ぴでじんより。