PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2015.03.01

3年生実習

IN:駅に隣接した複合ビルに立地する[カフェ]の設計 講評会1

こんにちは。PD zine発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科3年生、インテリアデザイン領域の実習についてお届けいたします。

 

インテリアデザイン領域

駅に隣接した複合ビルに立地する[カフェ]の設計

この課題では、店舗面積やテーブル客席・厨房・パントリー・男女別のトイレ・キャッシャーを設置することなどの決められた設計条件の範囲内で、駅に隣接した複合ビルに立地するカフェを設計します。

洋風・和風・イタリアン・チャイニーズ・エスニックなど、いろいろなタイプのカフェを各自で想定し、業態に応じたセグメント&ターゲット、客層に対応する主要な料理と飲み物などのメニューを設定し、店名ロゴやマークをデザインし、サイン計画も考慮します。

 

前回の記事はこちらから。

・2014年10月5日

駅に隣接した複合ビルに立地する[カフェ]の設計 後期前半課題2週目

 

 

Favori

自分へのちょっとしたご褒美に訪れたい特別なサロンをコンセプトにした、マカロンのお店です。

お気に入りのジュエリーを選ぶようにマカロンを選び、サロン内は普段の生活からかけ離れた異空間が広がっています。

favoriとは「お気に入りの」という意味のフランス語です。福崎先生提出分パネル

 

テイクアウトコーナーの左手にある、大きなひとつの扉。

そこを覗くと重厚感のある一本道が。

少し薄暗い道をどんどん前に歩いていくと、突然視界がパッと開けます。

そこに広がっているのは、まるで異世界に迷い込んだようなfavoriの特等席。福崎先生提出分パネル

 

可愛らしいのにどこか刺激的なfavoriのとっておきの空間は、Jaime HayonとMarcel wandersのアーティスティックな家具で構成されており、ラピスラズリ色の絨毯とは対照的なホワイトのテーブルセットは、マカロンの美しいカラーを一層引き立たせてくれます。福崎先生提出分パネル

 

ふと上を見上げてみると、リボンを頭にのせた女の子をイメージしてデザインされた、なんとも可愛いベルランプ。

ネオバロックの家具に可憐なキャンドルホルダーや、美しいマリーアントワネットの肖像画など、ネオロココの装飾を施した、今まで見たことのないような贅沢な空間に仕上がっています。福崎先生提出分パネル

 

明日も引き続き、お届けいたします!

 

ぴでじんより。